移至主要內容區
:::

医療チームの愛に国境なし 大きな舌で悩んでいたミャンマー人の子が新たな人生を

  最終更新日:2015-12-04

ミャンマー北部辺境地域の山地から来た中国系の女の子・濮双婷ちゃん(5歳)は、生まれてすぐに先天性の舌血管腫にかかりました。この病変のため、年齢を重ねるに連れ、舌全体がすでに正常な体積の3倍に成長していました。日常生活でも睡眠時でも、血管腫でいっぱいの舌を知らず知らずに伸ばしていました。奇形である巨大な舌は見た目にも、そして食事と会話の機能にも深刻な影響を及ぼしていました。いつも自分の歯で噛んで傷つけてしまうため、口の中が大量に出血し、緊急で輸血を行って対処しなければなりませんでした。こうして彼女は長期間にわたり栄養不良と貧血となり、普通に通学できなくなり、更に家には膨大な医療費の負担がのしかかってきました。何度も家の財産を売り払ってお金を借り、医者に見てもらっていたのです。複雑でいつ命が奪われるか分からないこんな疾患を治療するため、ご両親は去年、タイのバンコク医学センターに女の子を連れて行き、治療を依頼しました。しかし血管腫が成長する病状が深刻なため、手術でこれを切除できるという医師は最後まで現れませんでした。

 

2014年8月、台湾路竹会の国際医療組織がミャンマー・ラーショーにボランティア診療に行き、この希少疾患の患者様のことを知りました。医療団が台湾に帰国してから、各方面の努力が実り、双婷ちゃんはお母様とおば様に付き添われて、2015年5月下旬に空路台湾を訪れ三総診療科の病室に入院しました。当院では口腔顎顔面外科主任・李暁屏が治療を行いました。MRI撮影検査により主に右側舌部と口腔底を占める血管腫の病変が全長約10センチであることを確認し、両側舌部と口腔底に異常に太くなった血管が見つかりました。5月21日に血管撮影検査を行って、両側舌動脈血管塞栓術を行いました。そして術後の画像追跡により脳局所血管の梗塞が観察できました。それはつまり脳卒中の兆候が現れていたのです。ただし、女の子の体には神経学的反応でのはっきりとした異常はありませんでした。

 

舌部は1次治療を行ってから、体積と血管の脈動が低下傾向にありました。ただし女の子は間歇性頭痛と舌部の虚血性の痛みを主訴としていました。6月4日に口腔顎顔面外科チームが、放射線科、麻酔科、小児外科、小児神経内科、耳鼻咽喉科、リハビリ科、形成外科などの医師、及び病室担当看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカー、国際医療センターなどの部門と共同で医療ケア共同会議を開きました。ここでは、関連する診療科の提案と医療チームによる提携を整合し、一つにまとめました。6月8日から血管腫切除手術と局所皮弁再建手術を行い、術後には傷口を癒合して回復させました。双婷ちゃんはようやく愛くるしい笑顔を見せ、食事と会話を正常に行う機能を回復したのです。

 

医療・看護チームの全員が心を一つにして医療ケアを行った結果、双婷ちゃんはすでに全快・退院してミャンマーに帰国しています。双婷ちゃんとご家族は路竹会、国防部、外交部それぞれからの支援に大変感謝しています。特に、当院の口腔顎顔面外科主任李暁屏がいてこそ、この難易度が高く複雑な手術と術後リハビリが無事に終えられたのです。生まれつき奇形な巨大舌を持っていた子どもは、全く面識がなかった各界の方々から助けを受けて、ついに新たな人生を取り戻し、健常者の生活に戻れたのです。こうして台湾のいたるところ温もりが溢れ、愛の心に国境がないことが示されました!

pp

lkkk

照片分享

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ