移至主要內容區

三軍総医院

三軍総医院は1967年7月1日に設立され、2000年に内湖国防医学院センターに移転し、新しい一歩を踏み出しました。現在地は敷地面積が41ヘクタールです。当時は、切れ目のない医療サービスを前提として、8月29日から移転作業が始まりました。内湖院区は10月十一日から外来診療と入院が始まり、急診作業は11月7日に業務を始めました。将来的には病床数を1500床あまりから1850床に増やし、中国医学部門の設置を計画しています。移転前の汀州院区は療養施設に業態転換をし、外来診療と急診部門を残しています。当院は修築後に建物と設備を全面的に刷新しただけでなく、組識とプロセス・リエンジニアリング 及び病院管理の全面情報化を行うことで、医療サービスの効率と品質を高めました。国防医学部の教育病院として、臨床医療、教育及び研究の責任を担い、医療サービスは軍人、健康保険及び一般市民を対象者としています。診療科目は内科など計45科で、当院は衛生署が評定した医学センターレベル病院です。当院は従来から医療品質を極めて重視し、卓越した品質を追い求めることで当院のビジョンである「品質の三軍総医院」を達成しています。当院では、中・長期的な発展目標を達成するため、クリニカルパス、作業フロー標準化、方針管理、フロー改善と管理、品質機能展開など、持続的な品質教育と各診療科の品質管理の段階的実施により、全面的な品質管理を対象とすることで 上質で、効率が高く、お客様に満足いただけるサービスが行えることを願っております。

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ