移至主要內容區

カトリック・セント・マーチン病院

財団法人カトリック・セント・マーチン病院(略称:セント・マーチン病院)は1966年に設立されました。院内には計700床あまりの入院病床があり、現在では約1500名の従業員を擁し、そのうち約135名が専任医師、560名が看護士と他の医療関係者となっています。一般外来診療、入院及び重篤疾患医療ケアサービスのほかにも、セント・マーチン病院では内視鏡手術、低侵襲手術、心血管治療、心臓カテーテル検査 核医学、放射線腫瘍学、及び在宅ケア、臨終立会い並びに地域社会の健康サービスを行います。

セント・マーチン病院の医療・保健ネットワークには、大雅院区での急診と急性/慢性期入院及び外来診療サービス、民権院区での入院と外来診療精神病医療ケア、療養施設での長期医療ケア、及び阿里山メディカルステーションと聖光診療所での24時間医療サービスがあります。

2009年、セント・マーチン病院は自らの国際医療センターを確立し、世界各地からの患者様をお迎えしています。このセンターでは、旅行計画、医療滞在ビザ申請、カルテ伝送、医療転医紹介、入院サポート、外国語通訳・翻訳、費用調整、及び入院前、中、後期のサポートなど、患者様への全面的なサービスを行っています。

2012年、セント・マーチン病院は台湾衛生署の委託を受け嘉義市と雲林県で初めて中国本土観光客に健康評価と美容医学サービスが行える有資格病院となりました。 

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ