移至主要內容區

花蓮慈済医院

慈済医院は釈証厳上人が「貧しさは病から起こり、病は貧しさから生まれる」の思いに触発され、計画、建設に苦心した創業期を経て、ついに1986年8月に正式に落成・開院しました。当院は「人に基づく医療で、命を貴ぶ」の趣意に基づき、花蓮、台東地域の救急・重症患者の医療搬送という重責を担っています。そして1999年には衛生署医学センターの評定に合格し、台湾東部で重要な医学センターとなりました。

慈済医院は300 名を超える専門医と800 名看護関係者を擁し、その診療分野には臓器移植、レーザー医学、ハイテク健康診断、がん治療、骨髄幹細胞移植、人工授精及び各種低侵襲手術などがあります。各診療科の医療・看護チームは多くが認証取得の栄光にあずかり、設立以来数多くの医療貢献賞も受賞し評価を受けてきました。加えて慈済医院は各種医学研究開発業務を積極的に実施し、人工膝関節、脳卒中治療、幹細胞、抗悪性腫瘍などの研究プロジェクトでは、国内での特許を多数付与されてきました。

2001 年からは、慈済医院では相次いで海外からの転医患者を受け入れています。また海外には、長期間奉仕を行うベテランボランティアチームと国際慈済人医療協会があり、国際的に支援が必要な患者様に全過程で支援を行っています。当院の国際医療サービスセンターは専門的なコーディネーターを設け、お客様の受診の過程をサポートするだけでなく、外国人患者様とご家族にも便利なサービス(観光、旅行計画など)と通信設備のサポート(電話、ファックス、インターネットなど)を数多く行っています。お客様に医療・保健面でどのようなニーズがあった場合でも、当院では最も先進的な医療技術と上質な医療サービスチームでお世話をいたします。 

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ