移至主要內容區

国際医療作業チーム

行政院では2007年から、「医療サービス国際化旗艦計画」により台湾国際医療推進サービスを行っています。衛生福利部からの委託を受け、台湾私立医療機関協会がこの計画を実施し、中華経済研究院に協力を依頼し、共同で「衛生福利部国際医療管理作業グループ」を設立しました。こうして、台湾の医療サービスと関連業種の普及に向けて共同で努力することで、行政院の「医療は世界へ、患者は台湾へ」という全体的な目標を形にしたのです。

PBB記者会見ー執行長及びJosef

PBB記者会見ー執行長及びJosef

国際医療管理作業グループ(以下、「当グループ」という)がこの計画の主な実施部門となりました。グループでは、台湾の医療観光発展のプラットフォームになり、衛生福利部をトップとした政府機関、医療機関及び民間業者の間の提携を促進することを目標に掲げています。こうして、トップレベルにある台湾の医療を全世界に普及させ、海外からの患者にとっても医療観光のベストチョイスとなることを目指します。

国際医療管理作業グループは、台湾の上質な医療サービスを研究分析し、台湾の医療サービスの特色を際立たせ、台湾の六大長所を主軸として形にしました。そしてこれを台湾の医療業界による医療サービス普及に向けたイメージとしました。そして台湾国際医療の戦略では、「特殊医療」と「医療観光」の発展に着手しています。特殊医療では、特色溢れ国際的な知名度がある台湾の医療サービスを強調しました。この普及活動では、当初は生体肝移植(国内の臓器提供に関わらないもの)、頭蓋顔面再建手術、心血管治療、人工生殖技術、関節置換手術など「五大長所」の医療サービスの実績を武器にマーケティングを行い、これを我が国のハイテク型で、技術性が高い医療サービスのPR目標としました。こうして我が国の高い医療水準を強調して、台湾の上質な医療サービスをブランドとして確立することで、疾患治療全体の国際市場の模範としたのです。

実質的には、本計画の会員病院では、主な目標個別サービスプランとして選択性手術などを重視しており、海外転医照会モデルを通じて客層を把握しています。2015年度の統計によれば、現在では国際医療での入院治療患者に行われる個別サービスプランは産婦人科の23.22%が最も多く、一般外科(15.17%)、内科(12.42%)、整形外科(8.36%)、小児科(8.28%)及び形成外科などがこれに続いています。

「観光医療」については、旅行業者による養生、健診、美容医学スケジュールの開発を医療機関が補助し、これを旅行活動と繋げることで、外国人旅行者が医療サービスを受けると同時に台湾の上質な観光体験が満喫できるようにしました。近年、海外ルートによるマーケティングと旅行業者との異業種提携を通じて、 すでに2016年には延べ利用者数累積が163万人近くに、付加価値が823億台湾ドルに達し、推進措置にはっきりと効果が現れました。


 

最終更新日: 2018-12-15

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ