移至主要內容區

国際的医療提携

この数十年の間に、我が国は達成した「経済の奇跡」で世界に知られるようになりました。そして世界第19位の経済大国に、第15位の貿易国となり、1人当たり国民総生産(GNP)では、すでに14、000米ドルを超えています。台湾は世界競争力報告の衛生部門では世界第2位と評価されました。台湾の医療と経済の発展は先進国に匹敵する規模となっています。国際的な経済・貿易面での繁栄を促し、海外援助事業を推進することで、台湾の経済発展水準はほぼ先進国に並ぶことになります。台湾での海外援助事業推進の目的は、政府と民間の資源を統合することにあります。

我が国は、自国の国際提携発展制度を確立し、技術提携レベルを高め、国交樹立国と友好的発展途上国推進経社の設立を支援します。1995年から 2004年までの間に、台湾政府と民間団体が支出した海外援助額はすでに2億ドルを超え、計80数カ国がその恩恵を受けています。現在、公立・私立医療機関では衛生問題に関わる100あまりの二国間国際提携プロジェクトを積極的に推進し、医療と衛生事業を進展させています。

台湾による国際医療衛生援助と提携は主に、技術援助と訓練、医療支援と寄贈、及び人道援助の3つに分けられます。

国際的医療提携

1、技術援助と訓練

モンゴルの病院と衛生福利部立台北病院での提携交流/在マラウイ台湾医療団 画像では台湾国内ですでに10数組織の病院と海外医療団体が学術と技術面での交流を行い、医療関係者と医学部在学生の訓練業務を推進している状況を示しています。現在では数百人単位の医療関係者が訓練を終えています。台湾の医療機関は海外医学団体と提携し、長期的な医療関係者の研修業務も行っています。重要な国際提携のステップとして、高雄長庚病院で行われた生体肝移植手術、林口高雄長庚病院で行われた輪筋(Orbicularis)細胞移植と頭蓋顔面奇形整形手術、慈済医院で行われた二卵性双生児分離手術、恩主公病院で行われた腹腔鏡と肥満手術、亜東医院で行われた心臓移植手術、及び極めて稀だが顔面部に起こりやすい巨大型セメント質腫(Gigantiform Cementoma)と単一Hallervorden Spatz症候群の治療手術があります。これら手術を紹介した書類は、上記の各病院に請求することもできます。

医療関係者への台湾の訓練能力を高めるために、衛生福利部は部立台北病院に国際医療訓練センターを設立しました。2002年8月に、衛生福利部は初めて海外の他国からの医療研修生を迎え、厳かな歓迎式典を開きました。2005年9月現在で、海外の計26団体に台湾での訓練受講経験があります。更に2005年11月には、衛生福利部立桃園病院も、外国人向け病室と医学センターを設立しました。

2、医療支援と寄贈

図6.6 ミャンマー診療ボランティアは台湾国内で約26組織あり6、600万ドルを超える医療資源を55カ国に供与しています。毎年、財団法人伊甸社会福利基金会と国際佛光山組織が車椅子を計6、000台以上寄贈し、国泰総合医院、新光呉火獅紀念医院、馬偕紀念医院、高雄医学大学、嘉義長庚紀念医院、慈済医院、及び草屯療養院も数多くの医療支援を行っています。台湾からの寄贈受入国には、キリバス共和国、インドネシア、ホンジュラス、イラン及び中国があり、寄贈品は乳児用酸素フードや保育器などがあります。

3、人道援助

深刻な災害を蒙った国があると、台湾では直ちに必要な緊急援助、生活物資の供与、診断サービス、外科手術及び感染症予防の援助を行います。台湾の被援助国には、ギニアビサウ、中央アフリカ共和国、マラウイ、リビア、サウジアラビア、ベトナム、パラオ、タイ北部地方、モンゴル、インド、パプアニューギニア、インドネシア、タイ、スリランカ、カンボジア、ミャンマー、フィリピン、ネパール、及びサントメプリンシペ共和国などがあります。

台湾では、少なくとも15の医療機関が医療関係者を派遣し更なる援助を行った経験があります。屏東基督教医院では、2002年から医療団をマラウイに常駐させ、現地で病院設立と医療関係者への訓練を支援しました。民生医院、馬偕紀念医院、台中栄民総医院、台北市立万芳医院、慈済医院及び衛生福利部傘下の台中医院、新竹医院、台北医院は2005年のスマトラ島沖地震発生の時にも、専門的な医療チームを被災地に派遣しました。"

最終更新日: 2019-01-02

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ