移至主要內容區

90代のイギリス人が評判を聞き来院 心臓の病を治療する

  最終更新日:2015-02-11
イギリスから来た94歳のご老人Berneyさんは、豪華客船に乗って世界各地を旅していました。この豪華客船が個性的なのは家と同じように空間を買い取ることでした。それはBerneyさんがもう豪華客船に6年もの間住んでいたということを意味します。Berneyさんは冗談めかして、「もし自分の家がどこかと尋ねられたら、みんなに家は海の上、世界各地の海だと言いますよ」と話して下さいました。それでもこの話は少しも間違いではなかったのです!
 
8月初め、豪華客船が台湾沖に差し掛かった時、Berneyさんは突然不調を感じました。胸がむかむかし、呼吸がつかえ、そして少し歩いただけでぜいぜいしたのです。この方が年をとっているからだと思わないで下さい。Berneyさんはスポーツの達人で、趣味は早歩きと水泳です。ですが今回体が不調だったため、活動も少なからず制約され、気分も多少落ち込んでいました。それに加えて彼は高齢で、そして2年前心臓にステントをつけたことがあるため、ご自身も豪華客船に同行している船医もずっと多少心配していたのです。そこで基隆港に停泊している間に、Berneyさんに基隆付近の大規模病院に検査に行ってもらうことに決めました。
 
Berneyさんはもうすぐ台湾に停泊して受診することを考え、インターネットで台湾の医療状況を検索しました。検索をして当院が心臓疾患の治療では高い名声を得ていることを知りました。そのため船医と相談して当院での検査を決めました。豪華客船からかかってきた1本の電話で、 Berneyさんには診療と言う驚きの旅が始まったのです。
 
船を下りると、Berneyさんは、何だか自分がイメージとして描いていた台湾とは随分違うなと感じました。そもそも彼は中国本土の農村社会のようだと思っていて、まさかここまで発展しているとは思いもよらなかったのです。高速道路を走り、台北の市街地に入ると、Berneyさんには更に予想外の感覚でした。通りは広々として清潔で、道路を走るたくさんのオートバイにも目から鱗が落ちるようでした。更に驚いたのは道端にはオートバイが整然と停められていたことでした。進歩した国・台湾の光景は彼が思い描いていた遅れた国というイメージを一掃してしまいました。
 
当院で2日間入院検査を受けたことで、彼には台湾の医療に対して更に印象深くも素晴らしい体験となったようでした。病院は広々として明るく、医療・看護スタッフは親身であり、医療機器は先進的で、検査は迅速で確実など、全てBerneyさんに絶賛していただけました。そして当院の食事は入院した病院のなかで最高だとまで褒めて下さいました。精密検査を経て、 Berneyさんが元々心臓ステントをまた留置する必要があると考えた問題ではないと分かりました。退院前に、医師は報告を全て終え、全ての検査項目、報告及び関連する指示をBerneyさんと豪華客船に同行する船医に渡しました。Berneyさんは当院の心臓医療チームが尽くした誠意にとても感謝しました。何度も感謝の意を表し、そして「できうる限り台湾とこの病院の高水準の医療を伝え広めましょう。将来台湾を航行する豪華客船で、治療が必要になった外国人観光客にはある程度参考にしてもらえるでしょうから」と言っていただけました。
 
Berneyさんは笑顔で病院を去り、もとの豪華客船へと送られました。彼は私を暖かく抱きしめ、幸せそうな笑顔で私達に感謝し、別れを告げました。「皆様がしてくださったことに感謝します。私は感謝し、感動しています。台湾の方々の熱意は永遠に忘れません!」私はBerneyさんに手を振っていたその時、彼が言ったこの一言をずっと思い起こしていました。Berneyさんの豪華客船での旅が、これからも平安で健康であることを望みます。そして、私達はお客様のような幸せそうなお爺様を懐かしく思い出します!

 

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ