移至主要內容區
:::

ドバイからの女の子・命を取り戻す~お母様が、機会を与えてくれた高雄長庚の陳院長に感謝

  最終更新日:2015-03-05

Aromin, Carmelia Zelien 「Iya」はフィリピン国籍で、2010年9月にドバイで生まれました。Iyaはご家族の最初の子供でした。ご両親にとっては、彼女は尊い小さな天使であり、生活の原動力でもありました。

 

黄疸にかかったため、生後2週間で「ドバイ病院」を受診しました。一連の検査を受けてから、命に関わる恐れの強い「胆道閉鎖症」 にかかっていると診断されました。疾患の悪化を遅らせるために、2011年1月フィリピンの「Kasai」で手術(を受けましたが)」を受けましたが、Iyaの病状はそれでは改善しませんでした。黄疸が続き、更に貧血、胆管炎、脾腫及び腹水などの合併症が現れました。そのため、現地の医師は肝移植手術を受けることで長期間生存する可能性を探るよう提案しました。Iyaのお母様は積極的に小児肝移植の病院を検索し、複数の病院での術後生存率と医療費などの関連情報を比較しました。最後に、彼女は高雄長庚医院で手術を受けさせることを決めました。それはお母様が、高雄長庚医院肝移植チームでは胆道閉鎖症治療の術後1年と5年生存率が共に98%に達しており、世界一であることを知ったからです。そのため2011年10月には、高雄長庚医院院長陳肇隆が率いる医療チームで生体肝移植手術を受けました。肝臓はおばのAubreyが提供して下さいました。10時間に及んだこの手術は無事に終了しました。IyaとAubreyは術後の回復が良好で、そのうえ合併症も発生しませんでした。Iyaは今ではすでに4歳になり、健康で、可愛らしく、普通の子供と何も変わりません。お母様は院長陳肇隆に健康を取り戻す機会を与えてくれたことを感謝しました。彼女は娘の命を救ってくれた台湾への今回の旅を決して忘れないでしょう。

照片分享

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ