移至主要內容區

医者に診察を断られた下肢リンパ浮腫の女の子・王程 台湾で治療

  最終更新日:2014-10-22

江蘇省徐州市に住む王程さんは今年24歳になります。彼女は両脚が健常者の何倍も太い「下肢リンパ浮腫」でした。王程さんは中国各地の大都市に行き、一流病院で診療を繰り返しました。韓国 のMBCテレビも取材に来て、医療支援を行おうと計画したことがあります。しかし結果は、全て技術が不十分のため中止となりました。王程さんは、「8歳で発病してから、両脚は年齢に伴ってどんどん太くなっていきました。行動が不便なだけでなく、他人の視線を浴び、外出して就学や仕事ができません。私の一番の願いは、普通の花柄のズボンを穿いて外に出て散歩することです!」と率直に言いました。

万芳医学センターのリンパ治療センター主任許文憲は腹部の大網膜移植手術と動静脈分離を行いました。手術後、王程さんの大腿囲はすでに20%縮小していました。そして3週間程度過ぎると、30%程度縮小しました。82kgあった体重も65kgまで減り、18kgあったリンパ液はすでに吸収され、術後の回復状況が良好なことを示していました。下肢リンパ浮腫があった女の子すでに徐々に思春期の少女の体つきを取り戻し、恥ずかしがり屋だった顔には明るく生き生きとした笑顔が現れました。
台湾の入院期間には王程さんは果物と牛肉麵などのちょっとした料理が新鮮に感じたほかにも、同じように下肢リンパ浮腫にかかっている数多く患者が自分から病室に行って雑談をし、治療の経験、そして自分の心がたどってきた経過を話し合いました。こうして予期せずに友達になれた人も少なくなかったのです。王程さんの病例が公表されてから、医師万芳許はすでに下肢リンパ浮腫の患者を数多く治療し、今でも 98名の患者様が手術の順番を待っています。許医師とそのチームは、王程さんが喜びと健康を取り戻したことを経験として、似た境遇にある患者をよりたくさん救いたいと望んでいます!

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ