移至主要內容區

椎間板の痛みから決別 長庚病院があなたに元気を

  最終更新日:2015-05-29

2014年11月19日、マレーシアの張女史は当院の整形外科部医師賴伯亮による執刀を受け、椎間板ヘルニアにより長年悩まされてきた腰の痛みから無事に解放されました。現在張女史は全身の体調がよく、体も思い通りに動かせ、夜間には一晩中じっくり眠れます。もうアルコールで不調を麻痺させ、和らげる必要はなくなりました。

 

20数年前、張女史は不注意で橋から転落し、すぐに受診・治療を行わなかったため、持病を残してしまいました。彼女には年齢を重ね、長期間にわたる磨耗が負担となるに伴い、腰のだるさと背の痛みが出てきました。そしてこれらにますます耐えられなくなり、夜はぐっすり眠れなくなり、アルコールの助けがなければ眠りにつけなくなりました。そのほかにも、長期間にわたる体調不良のため気が塞ぎ、ご家族との摩擦がますます増えてきました。張女史は評判が高い現地の病院に行って治療をしました。それでも医師の説明では彼女は安心できず、かえって手術の失敗で下半身麻痺になった後半生を送るのではと恐れました。このように気持ちが沈んで消極的な心境の中、張女史はご家族の方とDiscoveryチャンネルで台湾の林口長庚病院を紹介しているのを目にし、まるで一筋の光明を目にしたようでした。そして台湾に医者に出会うこの旅へと、一歩を踏み出す決意を固めたのです。

 

医師賴伯亮は最初に張女史に病巣検査を行いました。その結果、張女史が足をまっすぐ伸ばし上向きに30度以上上げると、神経が関係し合って、足の痛みが激しくなることが分かったのです。そしてX線検査により『椎間板ヘルニア』と診断が下され、手術での治療が必要になったのです。張女史は、「賴先生の診断処置はマレーシアの先生と変わりませんでしたが、細かく説明して下さり、医療チームも細やかに面倒を見て下さいました。家族みんながとても安心し、自分の後半生の運命を賴先生と林口長庚医療チームにお任せすることにしたのです」と話して下さいました。当然ながら、張女史の2人の子どもにとっても、この時にようやく肩の荷が下りたのです。そして私達には、「以前、母は夜になると、いつも痛みでよく眠れませんでした。だからお酒の暴飲が癖になり、自分の機嫌を制御できなりました。家の雰囲気がとても悪くなった時もありました。そして母は、私達子どもが『誰かに言いつけるのもみっともない。もうお手上げだね』とすぱっと言ったのを耳にしたのです」という経験を漏らして下さいました!賴医師は「張女史は傷口の回復がとても良好です。術後にはコルセットを3カ月程度つける必要がありますが、その間にもし何の不調も感じなければ、もうコルセットの着用は不要です。1年後に病院を再訪して再診検査を受ければ大丈夫です」と判断しました。

 

張女史は「身の回りには脊椎の不調を訴える親類・友達がたくさんいます。しかし医療知識が普及していないため、彼らは手術が失敗して下半身麻痺になるのならと恐怖の影に怯え、治療の手立てを探ろうとしないのです」と実態を話して下さいました。張女史は手術後に帰国してから、「台湾長庚病院のことを自分の親類・友達に精一杯推薦します。今はもう飲酒の習慣は立ち切りましたよ」ととてもうれしそうに話して下さいました。そして医師賴伯亮と医療チーム全員に感謝しているとのことでした。長庚病院国際医療チームのほうでも、張女史が健康を回復し、病の痛みに苛まれなくなったことを非常にうれしく感じています。

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ