移至主要內容區
:::
  • トップページ
  • 成功事例
  • 壢新が国際医療救援での優位性を発揮 アメリカ人が台湾を2度訪問 「喜びの心臓手術」と語る。

壢新が国際医療救援での優位性を発揮 アメリカ人が台湾を2度訪問 「喜びの心臓手術」と語る。

  最終更新日:2014-09-30

アメリカ人男性ジョン・ディーさん(JOHN DEE)は、2月にタイ・プーケット島から空路アメリカに帰国する途中で心筋梗塞にかかりました。桃園国際空港から平鎮市の壢新医院に緊急搬送され心臓カテーテル手術を受けました。彼は今月わざわざアメリカからやって来て手術を受けて、台湾人医師は友好的で技術も良かったと言いました。「以前私は、台湾のことなど聞いたことがありませんでした。でも今では台湾が好きになってしまいました」と言うのです。

ジョン・ディーさんは今日退院します。彼は昨日見舞いに来た心臓内科主治医王徳和に腕で抱き合って感謝し、頬にキスをしました。「王徳和」は発音が Wonderfulに似ているので、ジョン・ディーさんは王徳和を Dr. Wonderful(素晴らしき医師)と呼びました。

ジョン・ディーさんは55歳。彼は「旅行とダイビングが大好きなので、 2月にタイ・プーケット島にダイビングに行きました。空路でアメリカ・ケンタッキー州に帰国している時に胸がむかむかしてきたので、無理をして台湾まで向かいました。桃園国際空港医療センターから壢新医院に送ってもらいました。王徳和さんは親身な方で、まだ手術が必要な血管があると指摘して下さいました。私はアメリカに帰国してから王徳和さんと電話と E-MAILでやりとりし、再度台湾に来て手術を受けることを決めたのです」と話して下さいました。

ジョン・ディーさんは、「同じような手術はアメリカでなら医療費が15万米ドルになりますが、台湾でならたったの 2万ドルですみます。私は親類や友達にお金を出し合ってもらい台湾に手術を受けに来ました」と語りました。「私は自分の命を台湾の医師に託すと言いました。近所の人々 は100ドル、 200ドルというように、私に旅費と医療費を貸してくれました」ということでした。 7日に台湾に着き、手術は成功裏に終わりました。「今、私は自分が別人に生まれ変わったと思いました。台湾で治療が受けられ光栄でした」。

王徳和は、「ジョン・ディーさん は10年前に冠動脈バイパス手術したことがあります。そのうちの血管1本には昨年末にアメリカで血管ステントを留置しました。私は2月にジョン・ディーさんに手術をした時に、別の1本の血管で狭窄が深刻になっているのが分かりました。今回、手術は4時間及びました」。「この動脈硬化は 10年も続いています。バルーン拡張術はずっと役に立っていません。ロータブレーターでなければ開かないのです」と語りました。優れた技術がなければできない手術だったのです。そして王徳和は、「ジョン・ディーさんはダイビングや、激しい運動が好きなので、手術を受けなければ命に危険が及びます。でも今なら定期的に服薬するだけで、彼はすぐにダイビングに行けます」と言いました。

ジョン・ディーさんは、「私は以前『台湾』がどこにあるのか全く知りませんでした。2回の手術は素晴らしい経験になりました。医師が素晴らしかった。そして看護士が親身でした。台湾人は人助けが好きなのですね」と言いました。そして「私はアメリカに帰国したら親類や友達に、台湾は本当に素晴らしいところだと伝え広めます。そして機会を見つけて台湾に旅行に来て、人懐こい現地の人一人一人と知り合えれば思います」ということでした。

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ