移至主要內容區

山東省のおばあちゃんが取り戻した心の幸福、膝の希望

  最終更新日:2015-07-29

78歳になる孫淑香さんは、中国本土の山東省青島市から来ました。彼女は30数年にもわたり両脚がずっと「変形性関節症」であるという欠陥に悩まされてきました。この2年間で状況はますますが深刻になってきました。そこで息子さんがネット検索の結果、花蓮慈済医院整形外科名誉院長陳英和のことを探し出しました。孫さんは6月末に病院に到着し、翌日には両膝の「低侵襲人工膝関節置換手術」を受けました。手術の翌日にはベッドを離れて、四脚杖に支えられながら徐々に歩行機能を回復しました。そして10日後には無事退院して帰国したのです。

 

「膝が痛い。だから這ってでなければ階段は上れないわ!」孫淑香さんはそう言いました。30数年もにわたり、両膝が痛くなるたびに、いつも我慢してやり越してきたのです。少しずつ年を取っていくにつれ、症状はどんどん深刻になっていきました。この2年では歩行機能に支障が出ただけでなく、杖をついてようやくなんとか歩けるようまでになっていました。それでも術後の痛みのことを心配して、彼女はずっと診察を拒んできました。    孫さんの息子・馬さんはインターネット検索で、花蓮慈院名誉院長陳英和が2003年末に、アメリカから低侵襲型人工膝関節置換手術を導入したことを知りました。こうして従来型の膝関節手術で回復速度が遅く、術後の痛みがひどいなどの欠点が改善されたのです。陳英和は今までの考え方から脱却し、新たに低侵襲手術専用の手術工具・機器を研究開発し、更に技術面でも改良を行いました。これにより手術の安全性と骨切りの精度が大幅に高まったのです。陳英和が研究開発した「低侵襲人工膝関節手術電気機器ユニット」は、2010年「第7期国家スタートアップ賞」と「台北生物工学賞産学提携銀賞」の栄誉に輝き、高い評価を受け、特許が付与されました。そしてこれが世界の数多くの国々の患者に幸福をもたらすことに成功したのです。馬さんもこれが力となって、一度も国を出たことがなかったお母様に中国本土から海を越えて、台湾で治療を受けさせる決意を固めました。

 

孫さんは6月末に花蓮慈院に着きました。X線検査の報告書により、孫さんは両膝が深刻に磨耗していると診断されました。陳英和は、「一般的に膝が健康ならば、先端が円弧状になるものです。しかし孫さんの場合にはすでに磨り減って平らになっており、更に変形性関節症が長引いたため、関節が変形してしまいました。こうして恐らく孫さんの両脚は正常の形からO脚に変わったのです。すでに外向きに約20度湾曲しています」と説明しました。

 

孫さんは手術の必要性と実現可能性を確認してから、翌日には両膝の低侵襲人工膝関節置換手術を受けました。孫さんは手術の翌日には、ベッドを離れられるようになりました。それ以外にも疼痛指数、歩き方を含め、術前に比べて大幅に改善し、更には歩行器・四脚杖の助けを借りて徐々に歩行機能を回復しました。10日後には、孫さんは無事に退院し、山東省に帰国しました。陳英和は、「人工膝関節置換手術ならば、杖を使っての回復期を1~2カ月経ると、杖を使わずに一人で歩けるようになります」と語りました。

 

お母様が大幅に回復したのを見て、一番喜んだのはお子様の馬さんにほかなりません。彼は「花蓮慈院には優秀な医療チームだけでなく、更に外国人患者の受診を担当する『国際ケースマネージングサービスセンター』があります。台湾に着く前から事前にインターネットでのメールを通じて連絡を取ることで、医療チームではお母様の病状をはっきりと把握し、詳細な医療計画を策定していただけました。そのため家族としては安心で心が落ち着きました」と話して下さいました。そして「英和院長の細やかな治療にはとりわけ感謝いたします。お母様の行動能力が大幅に改善いたしました」とのことでした。

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ