移至主要內容區

台湾の古里に戻る時間を活かして、何度も産みだす新たな命

  最終更新日:2015-09-15

宋さんは36歳の時に、アメリカ・ユタ州にある華僑大学の言語教師でした。彼女はアメリカ人情報製図技術者に嫁いでアメリカに定住したため、毎年クリスマスには台湾に帰国し古里に戻ります。高齢の宋さんは子宮筋腫が妊娠に悪影響を与えないかと心配し、台湾での帰国期間を使って阮総合病院生殖センターに相談に行きました。医師は、仮に子宮表面にある4センチ未満の筋腫に症状がなければ、妊娠に支障はないと提案しました。彼女はホルモン検査と体の健康診断及び超音波スクリーニングを受けてから、医師の提案を受けて1カ月後か次回台湾に戻ってくる時に体外受精を行い、できるだけ早く妊娠するようにしました。彼女自身には多嚢胞性卵巣症候群の体質もあるため、2回目の再診では医師の注射を受け、薬を飲んで12日後に採卵をし、手術後5日目に胚移植を行いました。そして宋さんは、7日間休息してからアメリカに帰国しました。胚移植の14日後に台湾側から吉報を受け取りました。妊娠が確定したのです。医師は安胎薬を妊娠10-12週目にかけて使用し続けること、そして一般的な出生前診断を受け続けることを提案しました。彼女は妊娠16週目でアメリカでNIPT(無侵襲的出生前遺伝学的検査) を受けてダウン症候群がないと確認され、正期産が胎位異常になり帝王切開での出産になるまで妊娠を続けました。2年後、宋さんは再度台湾に帰国し2回目の体外受精を行い二卵性双生児を妊娠しました。なおかつ妊娠38週目になって無事に帝王切開を済ませ、出産したのです。たくさんの子や孫を望んでいたアメリカ人のご主人様は本当に予想外の喜びでした。この時から一家は、子供も揃って楽しさ溢れる雰囲気でいっぱいになりました。

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ