移至主要內容區

台湾で新しい肝臓を移植 エジプト人の心に温もりを

  最終更新日:2015-09-18

20年前、60歳のアデルさん(Adel)はエジプトの病院でC型肝炎、肝硬変と診断され、それから食道静脈瘤と腹水などの症状を併発し、体調は悪くなるばかりでした。当初、彼の長男モハマドさん(Mohamad)がまず現地で父親を治せる方法を相談に行き、移植に関する適合性検査を終えました。モハマドさん自身が耳鼻咽喉科医だったため、医師から台湾の長庚は医療水準かなり高いと聞いていました。そこで台湾の研修を決めたのです。彼は台湾、エジプトの医療の発展状況も比較した結果、台湾の医療発展が先進的で、肝移植技術は世界に冠たるものだと知りました。そのため父親の台湾での肝移植を決め、更にお父様を救うため右肝を提供することにしました。この旅行で万が一にも失敗がないようにと、モハマドさんは台湾の生体肝移植で権威の一つである林口長庚病院の肝臓・移植外科主任李威震と複数回連絡を取りました。そして国際医療センターでも彼のこの医療での台湾訪問を積極的にサポートし、医療滞在ビザと台湾での受診手続きを行いました。

 

次男のアフマドさん(Ahmad)はアデルさんに付き添って台湾に来ました。彼は林口長庚病院の医術とサービスを絶賛し、医療・看護スタッフに感謝するだけでなく、病院にイスラム教の礼拝室が設けられていることに驚嘆しました。そして自ら台北にあるイスラム教モスクに行って、イスラム教の紹介資料を取り寄せもしました。これを礼拝室に置き、来院するムスリムの患者に読んでもらうようにしたのです。

 

2003年、医師李威震は台湾で初めて肝臓を分割させ成人2人に移植するのに成功し、こうして肝臓病患者の生存率が大幅に高まりました。更に2006年には、彼は台湾全国で初めてとなる血液型の違う患者の生体肝移植を行い、術後の肝臓急性拒絶反応が克服できました。李威震は、1対の肝臓の患者2人への移植、血液型の違う当事者の肝移植(合計約60例)を含め、今までで700例近い肝移植手術を成功させています。

 

アデルさんを治療した林口長庚病院の肝臓・移植外科主任李威震は、「今回の患者様は肝がん、肝硬変兼食道静脈瘤と腹水であり、食道静脈瘤が深刻な場合には破裂して大量出血を引き起こします。腹水により腹部膨満感の不調、特発性細菌性腹膜炎が起こり、深刻な腹痛と発熱を引き起こし、肝性脳症も起こりえるのであり、非常に厳しい状況となります。患者様はかつてエジプトで補助療法としての肝動脈化学塞栓療法(T.A.C.E)を4回行いました。しかし、肝移植は同時に肝がん、肝硬変が治療でき、対象患者が生存できる唯一の選択肢でした」と述べました。主任李威震は、「今回の患者様は術後の体調回復が良好で、1週間後には一般病室に移され、それ以降は現地で定期的に追跡検査が必要なだけでした」と言いました。

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ