移至主要內容區

遠く海外から希少疾患の治療に 大耿君、感謝して帰郷

  最終更新日:2015-11-25

6年前、鄭大耿君は持続性筋けいれんの運動障がいがますますひどくなってきました。会話の時には、身震いの大きさが感情の変化に伴うようになり、興奮している時には、手足が急速に震え、力が集中できませんでした。こうして彼は自立して生活できなくなりました。外出でも車椅子に頼らざるを得なくなり、車椅子の乗り降りには他人の助けが必要になりました。特にただ、「……鄭……大……耿」という3文字の名前を言うだけでも1分あまり努力しなければならなかったのです。

 

元々はジストニアと診断されていた大耿君には、花蓮慈院神経科主任林聖皇と主任陳新源は合同で、核磁気共鳴画像法、銅代謝などの一連の検査とジストニア遺伝学的スクリーニングを通じて、そして体性感覚誘発電位と筋電図の検査を通じて、彼の肢体が自分の意志に逆らって震えるのは大脳皮質の異常による「皮質性てんかんミオクローヌス」がジストニア症状を合併したものと診断しました。そのためまず薬物療法を使い、「ミオクローヌス症状」の改善状況を診断しました。

 

次にDBS手術、及び完全な作業・理学療法でのリハビリ計画により、大耿君の改善が更にはっきりとし、彼の表情にも自信が表れてきました。大耿君は片脚を上げて力を入れる動作をする時には、震えが減ったほかにも、動作を行う時に筋肉も随分リラックスできるようになり、身を起こして歩くのも他人の手を借りることなく自立してできるようになりました。

 

更に10月16日早朝、院長高瑞和、主任陳新源、主任林聖皇、スタッフ顔恵美、リハビリチーム、看護チームが、休日にならないうちにと、大耿君に健康を取り戻すお祝いパーティーを開いてあげました。そして国際医療サービスセンターでは、大耿君の花蓮慈院での受診を写した写真集を作りました。看護チームは大耿君のために祝福の言葉をいっぱい記した、看護師と一緒に写った写真を貼ったアルバムを作りました。大耿君は簡単な感謝の言葉を話しただけでなく、携帯電話で心の中の長い長い感動と感謝を記しました。名残惜しそうに、彼は証厳上人(釈証厳)、院長高瑞和、主任陳新源、主任林聖皇、作業療法士、理学療法士、そして病室の看護チームに感謝し、医療チームには大耿君の古里に遊びに来るのを歓迎しますと言ってくれました。彼はリハビリに努力し、自力で立ち上がり、歩き、自力で行動し生活できるようになることでしょう。

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ