移至主要內容區
:::

生き延びる道を求めて、遠く海外から一世の縁を-台湾での肝移植で命を救う

  最終更新日:2015-12-02

浚宸君は生まれたばかりの時、肌が白くぷくぷく太っていていました。この子は孫一家の赤ちゃんで、一家の宝物でもありました。しかしやがて、お母様には、浚宸君が消化不良で、どんどん瘦せてきて、皮膚と強膜が黄ばんできたのが分かりました。更に検査の結果、命に関わる胆道閉鎖症にかかっていることが分かりました。気を揉んだお母様は浚宸君を連れて町内、市内、省内の病院から、更には湖北省武漢にある同済医院にまで行き、最後には上海復旦医院に送って治療してもらうことになりました。数限りない病院を訪ねまわり、手術を受け、大金を費やしましたが、それでも浚宸君の病状は最後まで好転しませんでした。発作と治療を繰り返すなかでも、お父様とお母様は「一生赤ちゃんのことを心配したほうが、一生赤ちゃんを懐かしがるよりいい」という決意を変えませんでした。

赤ちゃんを救うため、更には赤ちゃんにもっと長生きしてもらうため、孫さん一家は積極的に生体肝移植に関わる病院の情報を捜し求めました。資料収集をしていくうちに、高雄長庚医院肝移植センターが、国際的に有名なフランスHenri Bismuth肝臓・胆嚢外科学部がアジアに4箇所有する訓練センターの一つであり、更には国際肝胆膵外科医学会訓練センターの一つだと知りました。生体移植による胆道閉鎖症の治療では5年生存率が98%に達し、アメリカの移植医学定期刊行物(American Journal of Transplantation) には、世界最高の生存率であり、欧、米などの国々の成績を超えると発表されました。そこでご両親は高雄長庚医院国際医療センターに連絡を取りました。その後は、国際医療センターのケース・マネージャーが相談、評価、治療コースの企画、宿泊などの過程で、数多くの支援を終始行ってきたので、ご両親は台湾ではもっと安心して治療ができるようになりました。

台湾に着いて診断を終えると、お父様は肝臓の状況が良くはないことが分かりました。脂肪肝、肝臓の膨らみ、左右の多発性肝嚢胞などの問題があったのです。それでもお父様はご家族で唯一肝臓提供に適した人でした。病院では、「これらの要素があるので手術の難易度と予後での問題が高まります。ですがお父様が決意さえすれば、病院では必ずそれを尊重し、なおかつ全力を尽くします」と告げました。浚宸君は10数時間にも及ぶ手術を経て、術後の回復が良好で、また合併症も起こりませんでした。そして肝臓提供をしたお父様も急速に回復していきました。手術の成功を耳にしたその瞬間、言葉では言い表せない感動がありました。高雄長庚の医師、看護師がこの期間に見せたプロとしての態度と、行ったきめ細かな医療ケア、そして病院が患者様とご家族に用意した快適な受診環境のことを話すだけで、お父様は今でも感動と感謝の気持ちでいっぱいになります。お父様には、「浚宸の成長過程を残した写真を見返せば、子どもの成長では細かな瞬間に、悲しみと困難が数多くあったのを感じます。浚宸が生まれてからこの1年というもの、ほとんどいつも病院で消毒液のにおいを嗅ぎ、点滴を打っていました。親戚、友達、そして同僚の皆様に感謝いたします。一番大切な時に私達の子どもに手を差し伸べ、子どもに最高の肝移植病院-台湾高雄長庚医院で命を取り戻す機会を与えて下さいました。今になって、ようやく本当に理解しました。人は大きな災いや困難という試練を受けてから、ようやく命の大切さと感謝の気持ちを知ることを!高雄長庚医院は私達にあまりにも多くの感動を与えて下さいました。中国本土の病院に比べれば、ここには患者と家族に気軽で快適に受診する環境が整っています。高雄長庚の医師、看護師が形にしてくれたのは、根気強さとプロ意識でした」と話していただけました。

現在、浚宸君はすでに2歳で、健康で可愛らしい子になりました。お母様はあの手術日のことを振り返ってみると、今でもとても深い感慨があります。彼女は「当日看護関係者が浚宸君を私自身の体に腹ばいにさせて麻酔をすると決めました。私は手を叩きながら『赤ちゃん頑張れ、おじさん、おばさんが悪くなった肝臓を取り出してあげるからね。そしたら病気は良くなるからね』と言って浚宸君をあやしました。意外だったのは、麻酔科医も『そうだよ!赤ちゃんいい子にしてね。おじさん、おばさんが浚宸君から悪い悪い肝臓を取り出してあげるからね。ぼくはそれで大丈夫だよ。それで痛くなくなるからね。ぼくはすごいじゃないか。ほら頑張って!』と暖かい言葉をくれたことです。台湾で感じた親身で、辛抱強く、プロ意識のある姿は、私には印象深かったです」と話して下さいました。お父様は、「高雄長庚は単なる病院ではありません。患者と家族にとって心温まる場所です。私達は台湾を第二の古里とします。そして高雄長庚が浚宸君に生まれ変わる機会を与えてくれたことに心から感謝します」と話しました。赤ちゃんが台湾と結んだ一生の縁はこうして結ばれたのです。

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ