移至主要內容區

台湾の専門医療でインドネシア人ががんから命を取り戻す

  最終更新日:2016-04-13

インドネシア人の高さん(66歳、男性)は、長年にわたり右腎結石に苦しめられており、現地で中国医学での治療を受け、長期間にわたりウマノスズクサなどの漢方を服用してきました。最近になると腰部の痛みが激しくなり、更に血尿が出てくるようになりました。そのためマレーシアとシンガポールで検査を受けましたが、検査では腎機能に異常が見つかり、そして尿管腫瘍にかかっているとの報告でした。予想外の結果に、高さんは暫くの間ひどくショックを受けていました。高さんがどうしようか躊躇していたそんな時、台湾人の友人から台湾国内で高い名声を得ている林口長庚病院に行ってはどうかと提案を受けました。そこで高さんは、この病院の国際医療センターのサポートを受け、すぐに家族ともども台湾で治療を受ける旅に出たのです。

 

高さんの診療を担当したのは泌尿器腫瘍科の主任馮思中でした。馮主任は高さんの病院のカルテで判断してから、例えばウマノスズクサなど、アリストロキア酸を含む漢方薬品を服用したことがありますかと尋ねてきたのです!馮主任がこの話をし出すと、高さんとご家族の方は驚愕しました。ウマノスズクサの毒性など知らなかったので、あちこちで受診する時点でも、いつも周囲にはこの薬の服用を話さなかったからです。しかし各国では明文規定によりとっくにウマノスズクサ配合薬を禁止していました。それでも馮主任は問診時に、現地で密かに流布している陋習に注意を払い、藪から棒にこんな質問をして、更に病気になった原因を指摘しました。高さんもご家族の方も馮主任の専門性に大変敬服しました。そして、台湾に来て林口長庚病院で受診するという自分の選択に間違いがなかったと喜んだのです。

 

馮主任は詳細に検査を行い、高さんの右尿管には至るところに腫瘍があるのが分かりました。医師と患者側の双方で、従来型の手術とダ・ヴィンチのロボットアーム手術の良し悪しを考慮に入れた結果、ダ・ヴィンチのロボットアームを使って手術をし、高さんから右腎と尿管を切除することで意見が一致しました。ダ・ヴィンチ手術の最大の長所は、従来型の手術に比べて手術の傷口が小さく、痛みが緩やかで、安全性が高く、入院日数が短く、なおかつ術後には迅速に日常生活に復帰できることです。高さんは術後の回復が非常に良好で、術後3日目に退院できただけでなく、更には再診でも合併症がないと判断され、傷口の癒合も良好でした。術後11日目には空路インドネシアに帰国できたのです。

 

長年の持病から解放され、高さんは馮主任と国際医療チームのサポートに大変感謝しました。そして自分が成功した体験談を皆に知らせ、必要とするよりたくさんの人に台湾の林口長庚病院を推薦したいと語りました。

團隊

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ