移至主要內容區

日本人患者 台湾で脊椎側彎症を治療

  最終更新日:2014-09-30

普通の人のイメージでは、日本人なら自国の医療水準からすれば、わざわざ台湾での受診を考えることは非常に少ないはずです。しかしながら、安里さんはそれとは違う選択をしました。彼はわざわざ日本から台湾の台北市立万芳病院に来て脊椎手術を行い、脊椎湾曲による痛みを取り除いたのです。彼は手術の結果に非常に満足しただけでなく、更に受診過程で台湾の医療・看護スタッフが親身に、専門的に世話してくれたことに深い印象を残していただきました。

安里さんに痛みが起こったのは、恐らく間違った運動習慣が原因でしょう。今までずっと、安里さんにとってジョギングという習慣は、日常生活で一番大切なことでした。欠かすことなくジョギング運動をすることで、安里さんはジョギングが体に良いことを実感し、意志を曲げずに続けました。しかしながら、長期間にわたり足に合わないスニーカーを履いてジョギングをしたため、本来は体に良かったはずのジョギングが、徐々に安里さんの脊椎に圧力を加え、損傷を大きくしていったのです。安里さんは脊椎が側方に湾曲したため激痛が起こってしまいました。

日本では、安里さんは脊椎湾曲による痛みを直そうと、各地の有名な大病院を訪ねまわり、数多くの名医に見てもらいました。しかしながら得られたのは決まって、「このような脊椎湾曲の疾患は日本では治療できません」という答えでした。安里さんも一度、日本にも自分の病状を治療してくれる病院があるという話を耳にしましたが、そこでは3カ月の入院が必要でした。さまざまなことを勘案してから、安里さん友人の提案と紹介を受けて、日本から遥か海を越えて台湾市立万芳病院に来ることに決めました。神経外科医洪国盛の手術とそれに続く治療ケアを受けることにしたのです。

洪医師の優れた腕により、安里さんの手術は非常に成功裏に終わりました。術後には安里さんには脊椎側彎による痛みがなくなっただけでなく、彼の体つきも改善し、体を曲げて歩く必要はなくなりました。そういう訳で、安里さんは喜びながら、「私は手術をしたら背まで高くなったよ ! 」とおっしゃいました。

安里さんは日本の病院と台湾の病院の違いを話して下さいました。主治医洪医師は一日2回回診を行い、患者の回復状況を把握します。それに対して日本ではこのようなことはありえません。安里さんの話によれば、日本では、ベテランの主治医は自ら回診をすることはありません。その光景は日本のテレビドラマ『白い巨塔』のようであり、それに比べて台湾の医療・看護チームの患者への態度は遥かに友好的で親身だったということです。

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ