移至主要內容區

秀伝の低侵襲手術でモンゴル人オートバイレーサーを治療

  最終更新日:2014-09-30

当時41歳だったGANTULGAさんは、モンゴルではその名が知られた「民族の英雄」です。彼の最大の願いはまさに風を追って夢をかなえ、国際オートバイレースの舞台でチンギスハーンの勇猛果敢な誇りを再現することです。

治療を受けてオートバイレースの人生を取り戻すため、GANTULGAさんはドイツ、韓国、中国に行き治療を受け、薬品、鍼灸及び理学療法を受けてきましたが、そのどれでも改善しませんでした。その後、奥様のご兄弟の紹介を受け、今月2日に彰浜秀伝紀念医院に入院し、脊椎低侵襲手術を受けることになりました。手術の翌日にはベッドを離れて歩けるようになりました。腰背部がもう痛まなくなっただけでなく、人の手を借りずに排便もできるようになりました。先週火曜日に手術を受け、木曜日には全快し退院しました。

黄国城は、「従来型の手術治療だったら、患者は背部に10センチの傷口を開け、少なくとも7~10日入院する必要がありました。彰浜秀伝には完備された低侵襲手術設備と人材が備わっていますので、皮膚から椎間板までの最短の経路路を把握し、他の神経、血管を傷つけないようにして、難易度が高い低侵襲脊椎手術が行えたのです」と話しました。

彼はまた、「ドイツ、韓国では低侵襲手術の設備に不足がありません。彰浜で正確に診断し、効果的な治療が行えます。主な鍵となるのは患者のために椎間板造影、神経伝導、血管造影及び尿道造影検査などを行い、診断と症状の関連性を確認していることです。そのため手術の効果がはっきり現れるのです」と指摘しました。

GANTULGAさんは術後、自分がいつまたシートに乗って、サーキット場に戻れるのかをしばしば気にし始めました。

黄国城は、椎間板の退化は、長期的な上下運動、振動により再発、悪化する恐れがあると考えました。患者様の健康を保つという立場から、GANTULGAさんにはレースへの出場を減らすか、一線を退きコーチとなって若いレーサーを育て、彼が風を追って夢をかなえる人生を続けるよう提案しました。

 

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ