移至主要內容區
:::

台大医院が内視鏡で他国ではできない複雑性大腸ポリープの切除に成功

  最終更新日:2014-09-30

努力して働きお金を儲けることが、アメリカの私達世代の貧乏学生が持つ目標です。私は便に血が混ざっているのを見つけた時点で、その目標がすでに長い期間延び延びになっていました。私はまだあの日のことを覚えています。それは、国内で初めて大腸検査をした日でした。私はまだ完全には意識を失っていなかった時に、医師が看護士に、「言うまでもない。これはがんに違いない。ポリープがみんなブドウのように大きいのだから」と言うのを耳にしたのです。その回の検査は最後まで終わらずじまいした。それは彼(医師)の手がひどい筋肉痛になり、それはつまり私のポリープが多過ぎたからなのです。検査は2年間を通して4回受けましたが、化学検査の結果、がん細胞の形跡は全く見つかりませんでした。4回目の時には、右側の腸を深く切られすぎてしまい、出血が止まらなくなってしまいました。先生は私にすぐに救急救命室に行くように提案しました。

2008 年、私は香港で5回目の検査を受け、ポリープを27個切除しました。再診の時に、私は先生から「腸の一部は手術していません。出血が止まらなくなることもありえますからね」と言われました。先生はその部分の腸を切除することを提案しました。それでは外科の手術になってしまいます。外科手術はまったく望みませんでした。その時、私は台大医院がこの方面に秀でていることを知っていたので、台大で6回目の大腸内視鏡検査を受けることになりました。出てきた検査結果は、私には予想外でした。この特別悪い部分の腸は、数多くの医療グループ会員が力を合わせるなかで、内視鏡できれいさっぱり除かれていたのです。そのため外科手術は全く必要なくなりました。費用についても、理にかなった額でした。そのため私は台大に更に良いイメージを持つようにもなりました。今では、彼らがその長所を活かして大腸、結腸の検査が必要な人をより多く救うことを願っています。

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ