移至主要內容區
:::

不妊症になったフィリピン人弁護士夫婦が、台大医院で二卵性双生児を生んだ喜び

  最終更新日:2014-09-30

Lizaさん は35歳。フィリピン・マニラ在住で、事業に成功した女性です。ご主人様とは子供が欲しいと長い間待ち望んでいましたが、ずっと妊娠に成功できないでいました。フィリピンで名医を尋ね回り、さまざまな治療を受け、膨大な金銭と時間を費やしてきましたが、望みはずっとかなわないままでした。

こんな強い期待を抱きながら、二人は粘り強く不妊症治療の手立てを捜し求め、友達に名医を紹介するよう頼みもしました。外国在住のとある友達の紹介により、台湾の台大医院の不妊症治療が非常に信頼を集めており、成功率が高いだけでなく、価格もリーズナブルで、不妊症治療を行うアジアのどの病院よりも訪れるだけの意味があることを知りました。そのため Lizaさんは2007年に、台大医院での治療を決めたのです。

不妊症治療には長い期間が必要であり、少なくとも1カ月が必要でした。更に Lizaさんは台湾に来たことはありませんでした。そのため、彼女は安全で経済的なホテルを探したかったのです。台大医院の国際医療センター担当者の手配を通じて、Lizaさんに無事に台北に着き、交通が便利で、安全で信頼性があり、ルームサービスが受けられ、費用が高くないビジネスホテルに泊まることになりました。こうして心配だったLizaさんの気持ちが和らぎました。

事前に emailで連絡を取っていたので、 Lizaさんは台大国際医療センターの看護師とはすでに知り合えている仲でした。看護師に案内され、台大医院人工生殖センターのチームによるホルモン療法や採卵などの一連の検査と治療を受けました。そしてご主人様に連絡を取り適切な時期に台湾に来て人工授精を受けるよう手配しました。この期間に、国際医療センター担当者は Lizaさんが気持ちをリラックスし、心理的に適切なサポートを受けられなければ、その妊娠を助ける力にはならないことに考えが及びました。だからこそ彼女を台湾独自特色がある夜市に案内して連れて行き、ショッピングを楽しんでもらいました。そして、台北でフィリピン人が神父を務める教会を見つけてさしあげ、Lizaさんを案内し教会まで付き添い、無事に妊娠するように一緒に祈りました。 Lizaさんは台湾では思いもよらなかったサービスを受け、うれしい気持ちが高まりました。

Lizaさんとご主人様は無事に受精卵を移植してから、台湾からフィリピンに帰国して吉報を待ち続けました。やはりほどなくしてその知らせを得たのです。彼女は無事に二卵性双生児を妊娠し、減数手術さえ不要だと言うことでした。何年も待ち続けた願いがついにかなったのです。2008年、Lizaさんはマニラで無事に二卵性双生児を産みました。彼女が台湾の台大医院で費やした医療費はわずか4000ドルでした。二人はこれだけ少額の費用で長い間思い描いていた人生の夢が実現できるとは、全く予想できませんでした。二人は待ち望んだ幸福を台湾の台大医院で手に入れたのです。

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ