移至主要內容區
:::

膝の変形で歩けなかった患者が、台湾で「人工膝関節術」を~歩ける夢、取り戻す~

  最終更新日:2014-09-30

王さんはベトナム人で、47歳になります。今年の1月に突然歩行ができなくなりました。現地で病院を受診しましたが、医師からは、「王さんは右足の膝と脛の脛骨がもう変形しているので、人工関節に換える必要があります。ただし手術後には膝が曲げられなくなり、恐らく歩行もできないでしょう…」と言われました。医師の話を聞き終わると、彼はかなり気落ちし、どうしたらいいのか分かりませんでした。王さんなす術もない中で、台湾に嫁入りして何年にもなるお姉様に連絡を取りました。お姉様は当院の整形外科が台湾の医学界で極めて評判が高いと知り、弟に海を越えて台湾に来て受診すれば、まだ一縷の望みがあると提案しました。台湾に来ると当院の整形外科医謝国顕が「人工膝関節」手術を行いました。手術は滞りなく成功し、そして歩き続けられるようになりたいという、彼の夢もかなったのです。

王さんのお姉様は「弟は5歳の時に高熱を出して医師の注射を受け、その時から、小児麻痺になってしまいました。外見は他人とは違いますが、弟はやはり自分の力で歩きます。そして大人に成長し、結婚して子供ももうけました。今年の1月になって突然力が出なくなり、歩けなくなりました。それは弟の右足の膝と脛の脛骨がすでに変形していたことが原因なのです」と話して下さいました。また歩けるようになるために、王さんはご家族の提案を聞き入れ、当院が治療を受けることになりました。そして今、手術は成功に終わり、彼も体の負担が減りました。そして長い間失っていた笑顔も見せるようになったのです。

当院の整形外科主治医謝国顕は、「王さんが現地ベトナムの病院から持ってきたX線写真を見れば、ご本人の膝が変形し人工関節に換えなければならなかったことが分かります。彼は老人変形性関節炎ではなく、膝の変形による退行です。まず脛骨の装具を加える必要がありました。そこで患者様に『人工膝関節』手術を行いました。術後3日目には患者様はベッドを離れ、歩行器を使って病室内外を活動できるようになりました」と言いました。

一般的に言えば、「人工関節」は肩関節、肘関節、手根関節、股関節及び膝などの治療に応用されます。しかし全人工関節と膝関節置換が最も一般的です。「人工関節」は主にすでに磨耗し、変形が深刻な関節を切除して矯正し、人工関節に置き換えて、関節が平滑な関節面を取り戻すことで、患者の関節機能を改善するものです。医師謝国顕は、当院で行った人工関節術は去年で500例近くになると強調しました。

近年、当院では国際医療サービスを全力で展開しています。そして常に台湾の上質な医療のPRを世界各地で行っています。そのため知名度が徐々に高まり、外国人がその評判を聞いて病院に治療や健康診断を受けに来られるようになり、その人数も着実に増えています。当院は外国人患者の専門エリアと各国語での応対サービスを行うことで、外国人患者の言葉の壁による恐怖感を減らしています。加えて台湾の医療サービスは高品質で合理的な価格であり、数多くの外国人を引きつける魅力になっているのは確かです。遠くベトナムから台湾に来て人工関節を受けた王さんからは、商売人の目線から台湾の医療価格と医療品質にとても高い評価をいただきました。彼は帰国したらこの上質の医療サービスをベトナムの親類や友達に紹介しようと言って下さいました。

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ