移至主要內容區

ペルー「ゾウの脚」リンパ浮腫 台湾で健康を取り戻すゾウの脚

  最終更新日:2014-09-30

ペルー人女性・メチータさん(Mechita)はリンパ浮腫にかかったため、20年もの間、下肢リンパ浮腫に苦しみ続けてきました。両脚の脛が腫れて膨らみ、足の指がいぼ状のものでいっぱいになり、更には骨髄炎を併発しました。そして長期間ベッドに横になり、歩けなくなっていました。更に顎関節が血液伝達感染骨髄炎にかかり、口が正常に咀嚼できませんでした。現地の医師の診断では、最長でも余命1年ということでした。しかし、メチータさんは海を渡って遠く台湾に来てからは、中国医薬大学医療チームの治療のもとで、今ではついに食事と歩行の能力を回復したのです。そしてあと暫くしたら、砂浜を散歩したいという願いがかなうのです。

今年32歳のメチータさんは、12歳の時に俗称「ゾウの脚」と呼ばれるリンパ浮腫だと診断されました。ですが現地では医療資源が不足しているため、病状は悪化を続け、股部にまで広がりました。しかし3年近くもの間、患部が感染を繰り返して両脚がそれまで以上に腫れて膨らみ、両側が深刻な下垂足となり、足の裏と脛が一直線となってしまったのです。そして足の指にはライチ状のいぼができ、更に趾骨が骨髄炎を併発しました。こうして正常に歩けなくなり、ベッドに横になることしかできなくなりました。ペルー現地の医師によれば余命はわずか1年と診断され、恐らく将来は敗血症又は心不全で死亡するだろうということでした。

中国医薬大学付設病院国際医療センター院長陳宏基は、「多重奇形疾患にかかったメチータさんは、今年5月に遠く海外から台湾に来て受診しました。何ヶ月も、そしてすでに10数回にわたり手術を行ってきた結果、整形手術により両脚が正常な大きさに回復し深刻な下垂足が矯正されただけではありません。マイクロサージャリーによる皮弁手術により生まれながらの口蓋裂を修復し、顎関節手術を行い骨髄炎による咀嚼の障がいも改善したのです」と言いました。

メチータさんは手術前には両脚が深刻に腫れて膨らみ、足指がライチのような形状になりました。しかし中国付医医療チームの治療を受けて、両足はすでに正常な大きさに回復し、なおかつ歩行器の助けを借り、歩ける能力が回復できました。

術後のリハビリを通じて、メチータさんは今ではもう杖をついてベッドを離れて歩けるようになりました。そして、口も3センチ開けられるようになり、口を開く大きさは健常者に近づきました。元々話し声が曖昧にしか出せませんでしたが、それが改善されただけでなく、さまざまなグルメや珍味が楽しめるようにもなりました。更に大切なことは、二度とリンパの流失、悪臭及び感染の問題が起こらなくなったことです。
メチータさんは、一番の願いはペルーで海辺を散策し、悩みも戸惑いもなく散歩できることだと話してくれたことがあります。医師陳宏基は、リハビリを続けさえすればその願いは「問題なくかなうはずです」と語りました。

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ