移至主要內容區

ベトナム人早老症重症患者が健康を取り戻し 台湾に感謝する

  最終更新日:2014-10-23

私には2つの誕生日があります。一つが私が生まれた誕生日、もう一つが台湾に来た日です!!台湾!私の命に新たに希望が灯されたのです!


これがベトナム人患者。阮氏玉梅さん(Ms. Nguyen Thi Ngoc Mai)が台湾で受診してから皆に発した、短くも感動すべき言葉でした。
ベトナム人患者・阮氏玉梅さん(Ms. Nguyen Thi Ngoc Mai)は10歳で発病し、希少疾患・ウェルナー症候群(Werner syndrome) にかかりました。医者に見てもらうお金がないため、現地の薬草を飲むしかありませんでした。台湾に来た時には驚愕の表情を浮かべていて、歩行さえも困難でした。28歳なのに外見は70歳の悲しさに溢れていました。
阮氏さんは弟に付き添われて台湾を訪問しました。医療チームが出迎えに空港に行くと、目に入ったのは弟がお母様に付き添って台湾に受診に来たかのような光景でした。顔を見れば、長い間未来が描けない孤独と悲しみのなかで生きてきたことが感じ取れました。中国付医の専門医療チームの支援と国際的に知名度がある専門的形成外科の陳宏基院長の素晴らしい手術のもとで、この患者様は、台湾で健康を取り戻したのです。
院長陳宏基は「阮氏さんがかかったのはウェルナー症候群であり、ウェルナー症候群(Werner Syndrome)は稀な遺伝性疾患です。患者は幼年時には外見は健常者と変わりません。しかし思春期や成人早期になってからは、体各部の器官が急速に老化し始め、さまざまな老年性疾患を伴うようになってきます」と述べました。医療チームの検査診断を通じて、阮氏さんのアレルゲンを探し出しました。なおかつ彼女には多発性内分泌腺腫症、肺線維症及び血管攣縮などの病状が見つかりました。薬品による治療と頭蓋顔面への精密な手術を経て、体の複数個所にあった血管炎の病変が消え去り、肺機能がすでに改善されたほかにも、全身が若返りました。更に大切なのは病院では彼女の体を悪化させる恐れのある環境要因について、どのようにそれを避け改善するべきかの生活衛生教育を行いました。将来もテレビ会議、ベトナム人研究員を通じて長期的に追跡調査と医療ケアを行っていきます。

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ