移至主要內容區

中部地域









  • 1559786810586.jpg
    28歳の女は大腸腫瘍で、排便できない。

    28歳の女は大腸腫瘍で、排便できない。

    ある28歳の女性は6日間腹痛に苦しんでいた、もう痛みに耐えられず。急に童総合病院の緊急治療室に行き、診断結果はS状結腸が約3cmの腫瘍を形成し、腸は完全に閉塞しました。結腸外科医は左下腹部に一時的な人工肛門造設術を行い、腹部の腫れや痛みを軽減することができ、腸の圧力を防ぐこともできます。 2週間後に3D腹腔鏡下S状結腸切除術を施行し、S状結腸癌3期であることを確認した。手術後、患者は回復し、7日後

  • 1559725501276.jpg
    キルギスの女性は命を救うために台湾童総合医療法人童総合病院を訪れました。

    キルギスの女性は命を救うために台湾童総合医療法人童総合病院を訪れました。

    #心血管治療
  • 1559726417478.jpg
    腎臓腫瘍は腹痛を引き起こす?!

    腎臓腫瘍は腹痛を引き起こす?!

    彼女が腎臓の超音波検査を受けていたとき、32歳の患者さんは左腎臓に腫瘍があり、大きさが5 cmだったことを発見しました。医師は、それが通常腹痛を引き起こして日常生活に影響を及ぼしている血管脂肪腫であると判断した。彼女の家族との話し合いの後、外科的方法で腫瘍を切除することにしました。しかし、切除の危険性が高いため、彼女は童総合病院にオウ副院長の治療を受け、腎臓の部分切除はダ・ヴィンチ手術によって行わ

    #
  • 陸、海、空の救助者! 私たちはロシアの乗組員の指を救った。
    陸、海、空の救助者! 私たちはロシアの乗組員の指を救った。

    陸、海、空の救助者! 私たちはロシアの乗組員の指を救った。

    61歳のロシア人乗組員であるMATVEEV氏は、メンテナンス事故のために左手に2本目と3本目の指の骨折を起こした。 彼は空港への全国空輸サービス隊によって救助されて、童総合病院に紹介されました。 形成外科医はすぐに離れた指を救うために手術を手配した。 手術は約5時間で正常に完了し、指は回復しました。 7日後、彼は退院し、ロシアに戻った。 事故の2日目はMATVEEV氏の誕生日でした。 童総合病院の

  • ベトナム人早老症重症患者が健康を取り戻し 台湾に感謝する
    ベトナム人早老症重症患者が健康を取り戻し 台湾に感謝する

    ベトナム人早老症重症患者が健康を取り戻し 台湾に感謝する

    私には2つの誕生日があります。一つが私が生まれた誕生日、もう一つが台湾に来た日です!!台湾!私の命に新たに希望が灯されたのです! これがベトナム人患者。阮氏玉梅さん(Ms. Nguyen Thi Ngoc Mai)が台湾で受診してから皆に発した、短くも感動すべき言葉でした。 ベトナム人患者・阮氏玉梅さん(Ms. Nguyen Thi Ngoc Mai)は10歳で発病し、希少疾患・ウェルナー症候群(

  • 秀伝の低侵襲手術でモンゴル人オートバイレーサーを治療
    秀伝の低侵襲手術でモンゴル人オートバイレーサーを治療

    秀伝の低侵襲手術でモンゴル人オートバイレーサーを治療

    当時41歳だったGANTULGAさんは、モンゴルではその名が知られた「民族の英雄」です。彼の最大の願いはまさに風を追って夢をかなえ、国際オートバイレースの舞台でチンギスハーンの勇猛果敢な誇りを再現することです。 治療を受けてオートバイレースの人生を取り戻すため、GANTULGAさんはドイツ、韓国、中国に行き治療を受け、薬品、鍼灸及び理学療法を受けてきましたが、そのどれでも改善しませんでした。その後

  • 膝の変形で歩けなかった患者が、台湾で「人工膝関節術」を~歩ける夢、取り戻す~
    膝の変形で歩けなかった患者が、台湾で「人工膝関節術」を~歩ける夢、取り戻す~

    膝の変形で歩けなかった患者が、台湾で「人工膝関節術」を~歩ける夢、取り戻す~

    王さんはベトナム人で、47歳になります。今年の1月に突然歩行ができなくなりました。現地で病院を受診しましたが、医師からは、「王さんは右足の膝と脛の脛骨がもう変形しているので、人工関節に換える必要があります。ただし手術後には膝が曲げられなくなり、恐らく歩行もできないでしょう…」と言われました。医師の話を聞き終わると、彼はかなり気落ちし、どうしたらいいのか分かりませんでした。王さんなす術もない中で、台

    #関節置換
  • ペルー「ゾウの脚」リンパ浮腫 台湾で健康を取り戻すゾウの脚
    ペルー「ゾウの脚」リンパ浮腫 台湾で健康を取り戻すゾウの脚

    ペルー「ゾウの脚」リンパ浮腫 台湾で健康を取り戻すゾウの脚

    ペルー人女性・メチータさん(Mechita)はリンパ浮腫にかかったため、20年もの間、下肢リンパ浮腫に苦しみ続けてきました。両脚の脛が腫れて膨らみ、足の指がいぼ状のものでいっぱいになり、更には骨髄炎を併発しました。そして長期間ベッドに横になり、歩けなくなっていました。更に顎関節が血液伝達感染骨髄炎にかかり、口が正常に咀嚼できませんでした。現地の医師の診断では、最長でも余命1年ということでした。しか

    #頭蓋顔面再建#美容医学
這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ