移至主要內容區

南部地域









  • 生き延びる道を求めて、遠く海外から一世の縁を-台湾での肝移植で命を救う
    生き延びる道を求めて、遠く海外から一世の縁を-台湾での肝移植で命を救う

    生き延びる道を求めて、遠く海外から一世の縁を-台湾での肝移植で命を救う

    浚宸君は生まれたばかりの時、肌が白くぷくぷく太っていていました。この子は孫一家の赤ちゃんで、一家の宝物でもありました。しかしやがて、お母様には、浚宸君が消化不良で、どんどん瘦せてきて、皮膚と強膜が黄ばんできたのが分かりました。更に検査の結果、命に関わる胆道閉鎖症にかかっていることが分かりました。気を揉んだお母様は浚宸君を連れて町内、市内、省内の病院から、更には湖北省武漢にある同済医院にまで行き、最

    #肝移植
  • 台湾の古里に戻る時間を活かして、何度も産みだす新たな命
    台湾の古里に戻る時間を活かして、何度も産みだす新たな命

    台湾の古里に戻る時間を活かして、何度も産みだす新たな命

    宋さんは36歳の時に、アメリカ・ユタ州にある華僑大学の言語教師でした。彼女はアメリカ人情報製図技術者に嫁いでアメリカに定住したため、毎年クリスマスには台湾に帰国し古里に戻ります。高齢の宋さんは子宮筋腫が妊娠に悪影響を与えないかと心配し、台湾での帰国期間を使って阮総合病院生殖センターに相談に行きました。医師は、仮に子宮表面にある4センチ未満の筋腫に症状がなければ、妊娠に支障はないと提案しました。彼女

    #生殖医学
  • 「新たに立ち上がる」。モンゴル人患者が喜びの中で感謝
    「新たに立ち上がる」。モンゴル人患者が喜びの中で感謝

    「新たに立ち上がる」。モンゴル人患者が喜びの中で感謝

    KLさんはモンゴルからやって来ました。2014 年末国内で、彼女が乗っていた車が不注意で大きなくぼみを通り過ぎてしまいました。KLさんは車体が激しく揺れたため、脊椎が圧迫骨折になったのです。KLさんはその時を境に立つことができなくなってしまったのです。慌てふためいて国内の病院に助けを求めましたが、彼女に手術を行う勇気のある医師は現れませんでした。KLさん の義理の妹様Urnaaは何年も前に台湾の病

  • ドバイからの女の子・命を取り戻す~お母様が、機会を与えてくれた高雄長庚の陳院長に感謝
    ドバイからの女の子・命を取り戻す~お母様が、機会を与えてくれた高雄長庚の陳院長に感謝

    ドバイからの女の子・命を取り戻す~お母様が、機会を与えてくれた高雄長庚の陳院長に感謝

    Aromin, Carmelia Zelien 「Iya」はフィリピン国籍で、2010年9月にドバイで生まれました。Iyaはご家族の最初の子供でした。ご両親にとっては、彼女は尊い小さな天使であり、生活の原動力でもありました。 黄疸にかかったため、生後2週間で「ドバイ病院」を受診しました。一連の検査を受けてから、命に関わる恐れの強い「胆道閉鎖症」 にかかっていると診断されました。疾患の悪化を遅らせる

    #肝移植
這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ