移至主要內容區

東部地域









  • 遠く海外から希少疾患の治療に 大耿君、感謝して帰郷
    遠く海外から希少疾患の治療に 大耿君、感謝して帰郷

    遠く海外から希少疾患の治療に 大耿君、感謝して帰郷

    6年前、鄭大耿君は持続性筋けいれんの運動障がいがますますひどくなってきました。会話の時には、身震いの大きさが感情の変化に伴うようになり、興奮している時には、手足が急速に震え、力が集中できませんでした。こうして彼は自立して生活できなくなりました。外出でも車椅子に頼らざるを得なくなり、車椅子の乗り降りには他人の助けが必要になりました。特にただ、「……鄭…&he

  • 山東省のおばあちゃんが取り戻した心の幸福、膝の希望
    山東省のおばあちゃんが取り戻した心の幸福、膝の希望

    山東省のおばあちゃんが取り戻した心の幸福、膝の希望

    78歳になる孫淑香さんは、中国本土の山東省青島市から来ました。彼女は30数年にもわたり両脚がずっと「変形性関節症」であるという欠陥に悩まされてきました。この2年間で状況はますますが深刻になってきました。そこで息子さんがネット検索の結果、花蓮慈済医院整形外科名誉院長陳英和のことを探し出しました。孫さんは6月末に病院に到着し、翌日には両膝の「低侵襲人工膝関節置換手術」を受けました。手術の翌日にはベッド

    #関節置換
  • 「2+1」で人生に祝福を マレーシア人姉弟が生体腎提供に成功
    「2+1」で人生に祝福を マレーシア人姉弟が生体腎提供に成功

    「2+1」で人生に祝福を マレーシア人姉弟が生体腎提供に成功

    マレーシアから来た鄭菁珠さん(48歳)は、ビジネスの第一線で働くやり手の女性です。何年も事業に全力投球してきましたが、自分自身の健康ケアは怠っていました。「ご飯を食べ、水を飲むのをしょっちゅう忘れていました」というのが鄭菁珠さんの何年にもわたる生活習慣でした。ご家族には遺伝性高血圧と脂質異常症にかかった人はいませんでしたが、忙しかった彼女は体調にも特別の注意を払いませんでした。2012年、鄭菁珠さ

  • フィリピン結合双生児-珍妮ちゃん・潔妮ちゃんが分離に成功 お母様が涙を流して感謝を
    フィリピン結合双生児-珍妮ちゃん・潔妮ちゃんが分離に成功 お母様が涙を流して感謝を

    フィリピン結合双生児-珍妮ちゃん・潔妮ちゃんが分離に成功 お母様が涙を流して感謝を

    2015年1月9日、フィリピンから腹部が繋がった結合双生児・珍妮ちゃんと潔妮ちゃんが花蓮慈済医院に来て診療を受けました。2カ月の医療ケアと保養を経て、3月13日に分離手術を行いました。回復状況はかなり良好でした。そして8日の午前中には、姉妹は台湾を旅立ちフィリピン帰国への準備をしていました。花蓮慈院医療チームは姉妹のために退院送別会をしてあげました。在台湾フィリピン代表部の取締役であるFr. Jo

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ