移至主要內容區

大里仁愛医院

大里院区は1995年に落成し、供用が始まり、2008年には仁愛医療財団法人大里仁愛医院と改名しました。
創立以来一貫して地域住民の健康を見守り、地域住民に最高品質の医療サービスを行っています。

大里院区では、会長廖泉生が「心から新しさを求め、
完璧を極める」という熱意ある経営方針を堅持し、衛生署により1997年に「地方病院」に、2000年、2004年に「地方教育病院」に評定され、更に2007年には光栄にも新制病院評定優良レベルを取得しました。医療サービスの実績では各界から高く評価されています。地域住民に上質な医療サービスを行うために、ソフト・ハード面の施設を強化し、相次いで64列コンピュータ断層撮影機器を導入し、屯区(台中市郊外)で初の臨床技能センター、ポジトロン断層法撮影センターなどを設立しました。

良心で社会に還元し、医術により地域社会を胸に抱き、上質、安全な医療ケアを行い、庶民的で、現地に溶け込み、地域密着型という精神を実現することこそ、大里院区が追い求める目標と趣意です。屯区で最も高く品質を評価される病院となることを発展へのビジョンに掲げ、「患者第一主義」の理念を堅持して、住民に最も便利で、最高品質の医療サービス環境を発展させるよう努力しています。地域住民から上質なサービスとして認知していただき、絶えざる改善の成果が分かち合え、医療を素晴らしい体験に変え、今後も心を込めて「患者様の安全」と「リスク管理」の文化を打ち立てることで、患者様と従業員が安心して病院内で治療と業務が行えることを願ってやみません。そして地域社会の健康が築いた優れた伝統を引き継ぎ、大里院区を社会に貢献させる力とし、地域社会の健康を守る天使としての職務を貫徹します。

将来は、大里院区では最前線の医師と各医療部門の意思疎通と提携を拡大し、国の衛生医療政策を実行に移し、レベル別医療の転医・検出診断サービスを実施して、医療制度の持続性と完備された体制作りに力を振り絞っていきます。そして弛まず他病院の各種努力目標の成果から学び、卓越した医療サービスの質を努力目標とする地域病院となるよう期待してやみません。 

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ