移至主要內容區

澄清総合医院中港分院

1908年、林澄清は日本で学問に励み、東京大学で医学博士号を取得して、38歳で台湾に帰国しました。そして1932年3月7日に、台中市平等街 ( 錦町 )に「澄清外科医院」を設立しました。これが今の澄清医院の「前身」に当たります。

1948年末、博士林敬義が澄清外科医院長の職を引き継ぎました。1967年9月に、当院は『澄清総合医院』として改制されました。1978年には評定を受けて3級教育病院として許可され、台中市で最初の教育病院の一つとなりました。

1991年6月に、準地方教育病院に昇格しました。1993年2月19日に博士林高徳が院長に就任しました。そして1994年4月に、地方教育病院に昇格しました。

澄清外科医院の設立当初は、医師はわずか1人でしたが、現在全院の主治医はすでに150人にのぼり、合計で医療センターが13、専門分科が36ある、近代的な病院となっています。病床数では、1932年には14床でしたが、現在では計1052床の病床数で、患者様は全省から来られています。

ここ数年で、澄清医院は更に自らの特色を際立たせています。例えば、心筋梗塞治療センターは昼夜を問わず患者様を治療しており、これは中部地域で初です。神経内科の脳梗塞治療センター、外科、婦人科、がんの腹腔鏡手術、胃腸肝胆科では肝がんセンター、及び BID 、IMRT Xナイフセンターなどを設立しています。 

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ