移至主要內容區

衛生福利部台北医院

衛生福利部台北医院(以下「当院」という)はその前身が1968年4月の昔にまで遡ります。省立台北婦産科医院(1949年8月設立)と省立台北児童医院(1959年1月設立)が合併し台湾省立女性・子ども病院(台北市中山北路二段に位置する) となりました。その後、台北市が行政院直轄市に昇格したため、1972年3月に台北市から現地の新荘に移転して再開し、『台湾省立台北医院』と改名しました。1987年3月1日に台北市鄭州路旧台湾省鉄道局に設置された台北鉄道病院は、政府の方針で当院に所属することになり、当院都市地区分院とすることになり、当院花崗石分院と改名しました。更に同年10月には県立金門医院と烈嶼分院が合併して衛生署金門医院として所属することになりました。当院は27年の歴史を歩んでから、1999年7月1日から行政院衛生署の所属に入り、『行政院衛生署台北医院』となったのです。そして2013年7月23日から行政院衛生署が衛生福利部に昇格したのに合わせて、衛生福利部の所属となり、『衛生福利部台北医院』となりました。

設置当初は9階建ての建物1棟でしたが、1985年に台湾省政府の許可を受けて急診、外来診療、手術ビルを増築し、1991年2月に新ビルの供用が正式に始まりました。総建築面積は51,901平米で、病床総数は現在517床になります。そしてこれとは別に療養施設の40床を付設しています。
1988年から当院は行政院衛生署の病院評定により「地方教育病院」に、そして2006年5月の新制病院評定では優良レベルに評定され、衛生署所属病院として初の総合病院の立場で、この光栄を受けることになりました。

大台北地域の公立地方教育病院として、社会的責任を担っています。例えば、私達は衛生政策として推進する各種活動として、ここ数年では国民健康局が推進する4大がんスクリーニング、禁煙病院、高齢者に優しい病院及び健康促進病院などの政策に協力しています。2008年3月に林院長が就任してからは、『お客様サービスを発展方向とする』のサービスビジョンを胸に、積極的に政策に協力しています。特に『予防医学と早期発見・早期治療』の理念を誓約したことで、当院の従業員と地域住民が健康の重要性をより理解するようになりました。また健康促進活動を積極的に展開し、2008年6月には台湾健康病院学会健康促進病院ネットワーク団体会員の資格を得ました。

また当院は新荘地域に位置しており、この地域はここ数年で人口が増え続け、現在すでに41万を超えるようになりました。林院長は救急・重症となった地元住民に医療サービスを行うため、救急・重症医療の発展に尽力し、急診科を急診訓練センターに昇格させて、救急・重症医療ケアを積極的にレベルアップしています。また救急集中治療室を設置することで、て患者様の転院搬送を減らしています。地元で最も完備され、そして最も信頼される地方病院になり、更に多くの住民に役立つことを願っております。更には、当院ではハイレベルコンピュータ断層撮影(CT)とハイレベル核磁気共鳴画像機器(MRI)を導入し、放射線量が更に低い医療機器と、更に高い画像解析度を活用することで、医療品質を高めています。1千万を出資し手術室設備のレベルアップを行い、加えてより確固とした実力を持つ心臓手術チームを編成し、2012年12月に新荘地域初の開心術を成功させました。この時は、患者様は術後の回復が良好で、3日後には病床を離れて活動できるようになりました。こうして、当院の心臓チームは新しい一歩を踏み出し、新荘区、三重区、五股区、泰山区などの心血管疾患の患者は、遠路はるばる医学センターまで手術に行く必要がなくなりました。

当院では、政策に合わせて医療外交を推進するために、2002年に台湾国際医療衛生人員訓練センターを設立し、今年ですでに10年になります。センターは2009年にSNQ国家品質シンボルマークを取得し、2011年に国家品質シンボルマーク継続審議に合格し、2012年には国家生物工学医療品質賞銅賞を(この光栄な受賞は全国一を示します)取得しました。そして、国交樹立国の医療・看護スタッフ向けに台湾での研修を行い、台湾の国際社会での実質的な貢献を打ち立てました。こうして、医療という方法で台湾のために新たな扉を開いたのです。

電子化については、RFID(無線周波数認識装置)について2011年SNQ国家品質シンボルマークを取得することで、患者様に安心できる健康的な医療環境を作り出し、一人一人の基本的健康権を守っています。そして RFIDを医療技術、サービスモデル及び管理制度に運用して改善と強化を図っております。具体的には、薬品使用面での安全性、医療手順管理、長期医療ケア、隔離病室及び入場管理などがそれらの内容であり、患者様への安全確保の歴史に新たな一ページを記したのです。 

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ