移至主要內容區

新光呉火獅紀念医院

新光医療財団法人新光呉火獅紀念医院(略称:新光医院)は1992年に設立され、35の診療科目を設け、計921床の病床を擁しています。病院は最も先進的な医療施設と厳しい訓練を積んだ専門家チームを擁しているため、患者様には最高品質の診断と治療サービスが行えます。当院は病院評定と医療品質策定推進会の審査(評定)を受け、医学センターに昇格しました。

新光医院健康管理部は2004年に設立され、予防医学の「早期発見、早期治療」を基本として、最先端の医療設備を活用しております。そして、全方位型の専門医チーム、全過程での医療・検査分離体制により、 30歳以上を対象としたホリスティック3in1型トップレベル健康診断向けプラン作りをしております。台湾人の三大死因である、がん、脳卒中、心臓病などに対して、それぞれ専門的なトップレベルの健康診断を企画しており、それぞれにmPET/CTポジトロン断層法、3T MRI核磁気共鳴画像法及び256マルチスライスCTなどの精密医療機器により検査を行い、健診の受診者に代わって疾患発生前に体の健康面での変化を発見し、検査後に受診者に踏み込んだコンサルティングサービスを行います。

ここ数年の間に、新光医院健康管理部では衛生署の「医療サービス国際化プロジェクト計画」に積極的に協力し、中国、香港、マカオなどの中華圏の地域で何度も普及宣伝を行うようになりました。そして予防医学サービスの対象も香港、全世界の台湾人ビジネスマン及び中国本土旅行者に拡大し、現在ではすでに台湾・中国・香港の3つの地からの数多く住民が台湾に来る医療観光を受け入れています。新光医院の国際レベルの健康診断サービスを体験していただけるようになったのです。

新光医院健康管理部の努力の甲斐あって、台湾の予防医学と健康診断は国際的な知名度を高めるきっかけがつかめました。世界各地の人々が台湾旅行に来られる時には、台湾の自然と文化の美しさに驚嘆するだけでなく、台湾の高品質の医療検査サービスも肌で体験できるようになったのです。 

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ