移至主要內容區

台北医学大学付設医院

台北医学大学付設医院(略称:北医大付医)は1976年に設立されました。2017年には、当院はJCI認証を受けた機関となり、736床の病床と28の診療科目及び39の専門分科を擁するまで拡大し、完備された臨床サービスを行っています。北医大付医の使命は卓越した教育、革新的な科学研究を通じて医療サービスの水準を高め、それを生殖医学センター、心臓血管センター、ダ・ヴィンチ外科センター、関節置換センター、健康管理センター、乳房健康管理センター、総合体重管理センター、美容医学センター、定位手術的照射外科治療センター及び伝統的中国医学センターなど10の特殊センターとして形にしてきました。これらの特殊センターでは一体化した医療ケア手法により患者様に医療ケアと治療を行っています。

生殖医学センターでは、すでに不育症の夫婦40万組あまりが受精に成功しました。関節置換センターでは低侵襲外科技術を使い、毎年関節鏡手術を約500例、関節置換手術を約200例及び脊柱手術を約150例実施しています。総合体重管理センターでは西洋医学の胃泡、腹腔鏡減量手術と伝統的中国医学を融合して、食事制限、薬品、運動による全方位型管理を際立たせています。先端技術の定位手術的照射外科治療センターでは画像誘導強度変調回転放射線治療(VMAT)とトモセラピーなど、高度で精密なレーザー設備を擁しています。

また北医大付医の国際医療センターは、旅行計画、宿泊手配、医療滞在ビザ申請、外国語通訳・翻訳、費用見積、診察予約及び保険会計処理など、患者様向けにさまざまなサービスを行っています。 

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ