移至主要內容區

中国医薬大学付設医院

1980年に設立された中国医薬大学付設医院(略称:中国大付医)は台湾で初めて中国・西洋医学を融合させた病院です。中国大付医は2010年からJCI認証を取得しており、脳卒中センター、がんセンター、創傷救急センター、心臓血管センター、臓器移植センター、神経精神病学センター、腎臓研究センター及び予防医学センターの8つの総合医療特殊センターを擁しています。

中国大付医は上質な医療、臨床研究及び中国医学の近代化に尽力し、そこで多くのプロジェクトを進めていくなかで、中国医学と中国医学リハビリ理論を統合させて活用しています。中国大付医はこのような使命で、世界各地から共感を呼び、アメリカ・サウスカロライナ大学(University of South Carolina)、アメリカ・MDアンダーソンがんセンター(MD Anderson Cancer Center)、及びイタリア・国立パヴィア大学・サン・マッテオ病院( Policlinico San Matteo)と学術交流を行い、提携合意を結んでいます。

中国大付医の医師は全員が西洋医学の専門資格を取得し、そのうちの多数が更に診療科目での認証を取得しています。更に医師は全員中国・西洋医学の臨床研修を受けています。当院の認定正看護士は1000名あまりで、彼らは基本的な臨床看護だけでなく、集中治療室、救急救命室及び特殊センターでの精密で複雑な看護手順も対応可能です。

中国大付医の国際医療センターでは旅行計画、患者様とご家族への宿泊・交通の手配、空中救助、医療文書の翻訳、アラビア語、英語、日本語、スペイン語及びベトナム語の外国語通訳・翻訳、病院食と栄養サービス、電話とインターネットでのコミュニケーションのサポート、ショッピング、観光及び旅行計画、退院計画、及び入院前、入院中及び退院後の支援を含み、さまざまなサービスが広範囲に行えます。

中国大付医は台中に位置しています。この地は台湾中部で最大の都市であり、日月潭や阿里山国家公園などの自然景勝地への観光にも便利です。リハビリ中の海外来診者にとっては治療への支えともなることでしょう。 

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ