移至主要內容區

北部地域









  • Mr. Ye from Malaysia
    マレーシアの葉さん「鄭先生。私は本当にうれしい!ありがとう!」

    マレーシアの葉さん「鄭先生。私は本当にうれしい!ありがとう!」

    マレーシアから来た葉さんは、右下肢リンパ浮腫に20年近くの長い間悩まされてきました。相次いでマレーシアとシンガポールで診察を受けましたが、得られた回答は細菌感染という診断だったり、医師による肉削ぎや肢体切断の提案だったりしたのです。このような治療提案は葉さんとご家族にとっては非常に受け入れがたいものでした。 葉さんは、「とある新聞記事を見て鄭明輝先生を探し出しました。こうして人生まで全てが変わって

  • 90代のイギリス人が評判を聞き来院 心臓の病を治療する
    90代のイギリス人が評判を聞き来院 心臓の病を治療する

    90代のイギリス人が評判を聞き来院 心臓の病を治療する

    イギリスから来た94歳のご老人Berneyさんは、豪華客船に乗って世界各地を旅していました。この豪華客船が個性的なのは家と同じように空間を買い取ることでした。それはBerneyさんがもう豪華客船に6年もの間住んでいたということを意味します。Berneyさんは冗談めかして、「もし自分の家がどこかと尋ねられたら、みんなに家は海の上、世界各地の海だと言いますよ」と話して下さいました。それでもこの話は少し

    #心血管治療
  • 5000キロの彼方から来たクウェート人男性 台湾で脳腫瘍を摘出
    5000キロの彼方から来たクウェート人男性 台湾で脳腫瘍を摘出

    5000キロの彼方から来たクウェート人男性 台湾で脳腫瘍を摘出

    アフマドさん(25歳)はクウェートから来ました。彼は去年左側の肢体に麻痺した感覚が次から次へと現れ、水を飲むと喉がむせるなどの症状が出てきました。現地では脳幹腫瘍と診断されましたが、手術は難易度が高いため、クウェート現地には手術を行おうという医者がいませんでした。アフマドさんは紹介を受け、林口長庚医院に来て治療を受けることになりました。そして最後に手術で、直径約6センチの脳腫瘍の切除に成功し、彼は

  • 医者に診察を断られた下肢リンパ浮腫の女の子・王程 台湾で治療
    医者に診察を断られた下肢リンパ浮腫の女の子・王程 台湾で治療

    医者に診察を断られた下肢リンパ浮腫の女の子・王程 台湾で治療

    江蘇省徐州市に住む王程さんは今年24歳になります。彼女は両脚が健常者の何倍も太い「下肢リンパ浮腫」でした。王程さんは中国各地の大都市に行き、一流病院で診療を繰り返しました。韓国 のMBCテレビも取材に来て、医療支援を行おうと計画したことがあります。しかし結果は、全て技術が不十分のため中止となりました。王程さんは、「8歳で発病してから、両脚は年齢に伴ってどんどん太くなっていきました。行動が不便なだけ

  • #健康診断
  • #頭蓋顔面再建
  • 台湾で臍帯血移植 病気になったマレーシアの子 健康を取り戻す
    台湾で臍帯血移植 病気になったマレーシアの子 健康を取り戻す

    台湾で臍帯血移植 病気になったマレーシアの子 健康を取り戻す

    1年あまり前、重症型サラセミアにかかったマレーシアの男の子・賀憶年君(4歳)は、輸血と鉄排泄の試練を受けました。それでもご両親は、膨大な医療費が工面できなかったため、マレーシアの人々が熱意を持って寄付をして助けた結果、去年海を越えて台湾にやって来て、臍帯血移植手術を受けさせました。賀君は先日台湾を再訪し、再診を受けた結果、もう輸血の影に怯えなくてよくなったと診断されました。愛する子が健康を取り戻し

  • 壢新が国際医療救援での優位性を発揮 アメリカ人が台湾を2度訪問 「喜びの心臓手術」と語る。
    壢新が国際医療救援での優位性を発揮 アメリカ人が台湾を2度訪問 「喜びの心臓手術」と語る。

    壢新が国際医療救援での優位性を発揮 アメリカ人が台湾を2度訪問 「喜びの心臓手術」と語る。

    アメリカ人男性ジョン・ディーさん(JOHN DEE)は、2月にタイ・プーケット島から空路アメリカに帰国する途中で心筋梗塞にかかりました。桃園国際空港から平鎮市の壢新医院に緊急搬送され心臓カテーテル手術を受けました。彼は今月わざわざアメリカからやって来て手術を受けて、台湾人医師は友好的で技術も良かったと言いました。「以前私は、台湾のことなど聞いたことがありませんでした。でも今では台湾が好きになってし

    #心血管治療
  • 日本人患者 台湾で脊椎側彎症を治療
    日本人患者 台湾で脊椎側彎症を治療

    日本人患者 台湾で脊椎側彎症を治療

    普通の人のイメージでは、日本人なら自国の医療水準からすれば、わざわざ台湾での受診を考えることは非常に少ないはずです。しかしながら、安里さんはそれとは違う選択をしました。彼はわざわざ日本から台湾の台北市立万芳病院に来て脊椎手術を行い、脊椎湾曲による痛みを取り除いたのです。彼は手術の結果に非常に満足しただけでなく、更に受診過程で台湾の医療・看護スタッフが親身に、専門的に世話してくれたことに深い印象を残

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ