移至主要內容區

東元総合医院

  新竹県竹北郷では、2次大戦後から医療資源が極めて欠乏し、住民が受診できる医者がいなかったため、数多くの尊い命に救いの手が差し伸べられない状態が続いていました。東元総合医院の創立はこの時期に遡ります。
 
  そのため院長黄忠山兄弟は父親である黄金石が生前託した願いを胸に、故郷に帰り最も近代的な病院を創設することで、地元にいる数多くの住民に最も完備された近代的な医療サービスを行うようにしたのです。当院の設立計画は1991年に遡ります。その時はちょうど行政院が国内14重大建設事業を積極的に推進し、そのうちの1事業が医療ネットワーク計画でした。それは国民の健康促進、国力増強を主旨としていました。新竹医療ネットワーク竹北医療エリアは医療資源が極めて欠乏している地域に当たっていたため、政府の政策に合わせて、行政院衛生署医療発展基金の賞励施策と指導を受け入れ、近代的な総合病院の建設計画に著手しました。1993年10月1日に起工式を行い、1995年9月19日に竣工し、供用が始まりました。そして1995年10月1日には地元の住民に外来診療、急診と入院の各種サービスを正式に提供することになったのです。
 
  当院は、新竹県唯一の地域性教育病院であり、行政院衛生福利部病院評定に複数回合格し、優秀病院との評価を受けています。加えて2015年1月20には、衛生福利部により桃園、新竹、苗栗地域で唯一の重要レベル救急責任病院に評定され、人口55万を誇る新竹県の救急、重症医療を担うようになりました。
 
  当院は桃園、新竹、苗栗地域で唯一、急性冠症候群医療ケア品質認証を取得した病院であり、重要レベル緊急医療救護能力備える唯一の病院でもあります。医療ケアチームが24時間交代制で、年中無休で待機し、救命のゴールデンアワー内に患者様が救護できるよう一分一秒を争う体制を整えています。国際基準である90分間以内に心筋梗塞患者の血管を広げ、急診診断と心臓カテーテル治療の時間を縮めて、急性冠症候群患者に対して更に診療科横断的な統合的、連続的な医療ケアを行い、 15科を統合した診療科横断的チームのケアにより、急性冠症候群疾患の急性医療ケアだけでなく、それ以降に薬剤師、ソーシャルワーク、栄養、リハビリ及び禁煙という五大部門によるコンサルテーションで予防・治療を行います。そして、疾患の再発に対する二次予防を行い、また専任のケース・マネージャーが個別事例の追跡調査と管理共同医療ケア及びこれ以降の治療回診と薬品使用を担当します。
 
  当院は新竹県唯一の出産期ケアセンターであり、新竹県で唯一の新生児特定集中治療室(NICU)と新生児中重症治療室(NBR) を設けた病院でもあり、更には唯一重要レベル緊急医療救護能力を備える病院でもあります。当院では妊婦と新生児に最高品質の医療ケアと緊急医療サービスを行い、ハイリスク妊産婦のさまざまな緊急事態について、豊富な対応経験があります。新生児科医療チームと産科医療チームを融合して、共同で完備された産前コンサルティングとコンサルテーションを行い、共同評価と関連医療ケアを成し遂げます。現在、チームには産婦人科専門医8名と小児科専門医7名を配しています。それ以外にも、他の関連医療チームには、眼科医、呼吸療法士、薬剤師、ソーシャルワーカー、栄養師、小児科専門看護師、言語療法士、作業療法士、児童心理司及び看護師などを配し、早産児に対して完備された連続的な治療と早期ケアを行います。
 
  当院は中山高速道路、フォルモサ高速道路、高速鉄道と西浜幹線道路など、交通量が多い地域に隣接し、災害時の救援では中核となる位置にあります。高速道路は林口以南から台中以北まで約130数キロで、沿道には他の重症救急責任病院がないため、現在では緊急事故の患者は多数が当院に搬送され救護を受けます。 当院は重大外傷処理能力を備え、平日、休日を問わず、毎日24時間、頭部外傷出血手術、骨折、外傷、腹部外傷及び胃腸などの外傷治療手術が行えます。そのため重大外傷患者は直ちに適切な治療が受けられ、尊い命が救われるのです。
 
  急性脳梗塞の患者については、当院では脳梗塞が塞栓性か出血性かに関わらず、また平日、休日を問わず、毎日24時間救急対応を行う能力があります。ほかにも、脳梗塞の急性期治療後に行う医療ケアでも、当院では効果的なリハビリ治療を積極的に行い、脳梗塞患者に完備された緊急医療とこれ以降のリハビリケアを行います。患者様は治療を受けてから、独立して行動できる能力が回復できるようになります。
 
  東元総合医院の医療チームは隨時待機し、命の救援に、一分一秒を争うことで、数多くの新竹県県民の命を守ることを務めと考えております。
 
  そのほかにも、とりわけ当院の産婦人科と小児科チームは住民の皆様から信頼を勝ち得ています。新竹県では出生総数の77% が、当院で出生したものです。また当院では出産が困難で、医療面での助けが必要な数多くの夫婦と向き合ってきました。当院ではIVF国際生殖医学センターを設立し、アメリカ・スタンフォード大学生殖医学センターと技術提携を締結し、同センターから Barry Behr 教授、Jack.Y.J Huang 教授を顧問として招聘しました。更に全世界最大の卵子バンクMy Egg Bank 社の技術長Jeremy Chang博士と技術提携の覚書を締結し、カナダ・マギル大学(McGill Univenty) 生殖医学センター実験室主任の Ri-Cheng-Chian 千日成博士を顧問として招聘し、世界で最も先進的な技術を台湾に導入して、生殖医学と不妊症では台湾の治療技術と品質が世界と足並みをそろえました。
 
  過去20数年の間に、東元総合医院では「患者第一主義のホリスティックヘルスケア」の精神を胸に新竹の地元住民のために務めてまいりました。これからも、私達は引き続き「サービス、専門性、品質、情熱」の使命を成し遂げることで、更に多くの住民に最高品質の医療・保健制度とサービスを行ってまいります。
 
這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ