移至主要內容區

成功事例









  • 1559786810586.jpg
    28歳の女は大腸腫瘍で、排便できない。

    28歳の女は大腸腫瘍で、排便できない。

    ある28歳の女性は6日間腹痛に苦しんでいた、もう痛みに耐えられず。急に童総合病院の緊急治療室に行き、診断結果はS状結腸が約3cmの腫瘍を形成し、腸は完全に閉塞しました。結腸外科医は左下腹部に一時的な人工肛門造設術を行い、腹部の腫れや痛みを軽減することができ、腸の圧力を防ぐこともできます。 2週間後に3D腹腔鏡下S状結腸切除術を施行し、S状結腸癌3期であることを確認した。手術後、患者は回復し、7日後

  • 1559725501276.jpg
    キルギスの女性は命を救うために台湾童総合医療法人童総合病院を訪れました。

    キルギスの女性は命を救うために台湾童総合医療法人童総合病院を訪れました。

    #心血管治療
  • 1559726417478.jpg
    腎臓腫瘍は腹痛を引き起こす?!

    腎臓腫瘍は腹痛を引き起こす?!

    彼女が腎臓の超音波検査を受けていたとき、32歳の患者さんは左腎臓に腫瘍があり、大きさが5 cmだったことを発見しました。医師は、それが通常腹痛を引き起こして日常生活に影響を及ぼしている血管脂肪腫であると判断した。彼女の家族との話し合いの後、外科的方法で腫瘍を切除することにしました。しかし、切除の危険性が高いため、彼女は童総合病院にオウ副院長の治療を受け、腎臓の部分切除はダ・ヴィンチ手術によって行わ

    #
  • 陸、海、空の救助者! 私たちはロシアの乗組員の指を救った。
    陸、海、空の救助者! 私たちはロシアの乗組員の指を救った。

    陸、海、空の救助者! 私たちはロシアの乗組員の指を救った。

    61歳のロシア人乗組員であるMATVEEV氏は、メンテナンス事故のために左手に2本目と3本目の指の骨折を起こした。 彼は空港への全国空輸サービス隊によって救助されて、童総合病院に紹介されました。 形成外科医はすぐに離れた指を救うために手術を手配した。 手術は約5時間で正常に完了し、指は回復しました。 7日後、彼は退院し、ロシアに戻った。 事故の2日目はMATVEEV氏の誕生日でした。 童総合病院の

  • 唾液腺にも腫瘍ができるの? ダ・ヴィンチ手術でインドネシア人青年が「声」を取り戻し、笑顔に
    唾液腺にも腫瘍ができるの? ダ・ヴィンチ手術でインドネシア人青年が「声」を取り戻し、笑顔に

    唾液腺にも腫瘍ができるの? ダ・ヴィンチ手術でインドネシア人青年が「声」を取り戻し、笑顔に

    インドネシアのマーカオさんは20歳を過ぎたばかりの若者でした。ちょうど同い年の友達が放課後にどこをぶらつこうかなんて話に夢中になっていた時にも、彼は魚捕りの網を力いっぱい引っ張っていました。マーカオさんは天の神様のもとからお金を稼いで一家を養っていたのです。彼は日本に行ってもっと大きな魚を捕まえて、もっとお金を儲けようという計画さえ立てていたのです。しかしそんな時、神様は彼に冗談を味わわせたのです

    ##
  • 台湾の専門医療でインドネシア人ががんから命を取り戻す
    台湾の専門医療でインドネシア人ががんから命を取り戻す

    台湾の専門医療でインドネシア人ががんから命を取り戻す

    インドネシア人の高さん(66歳、男性)は、長年にわたり右腎結石に苦しめられており、現地で中国医学での治療を受け、長期間にわたりウマノスズクサなどの漢方を服用してきました。最近になると腰部の痛みが激しくなり、更に血尿が出てくるようになりました。そのためマレーシアとシンガポールで検査を受けましたが、検査では腎機能に異常が見つかり、そして尿管腫瘍にかかっているとの報告でした。予想外の結果に、高さんは暫く

    ##
  • 海洋君の夢 「耳」は口ほどに物を言う
    海洋君の夢 「耳」は口ほどに物を言う

    海洋君の夢 「耳」は口ほどに物を言う

    「世界で一番広大なのは海。そして海よりもっと広大なのが空。そして空よりもっと広大なのが、我が息子の胸の中だったらいいですね」。海洋君のお母様はこう言いました。中国・浙江省から来た海洋君は先天性小耳症患者でした。海洋君は医師陳潤茺と外来診察で初めて会った時に、手術をしてくれる陳医師に大きな目を見開いて、大きな声で、こう尋ねました。「どうして僕の耳はこんななの?医学的なデータで何か説明できることはある

    #頭蓋顔面再建
  • フロントカバー
    医療チームの愛に国境なし 大きな舌で悩んでいたミャンマー人の子が新たな人生を

    医療チームの愛に国境なし 大きな舌で悩んでいたミャンマー人の子が新たな人生を

    ミャンマー北部辺境地域の山地から来た中国系の女の子・濮双婷ちゃん(5歳)は、生まれてすぐに先天性の舌血管腫にかかりました。この病変のため、年齢を重ねるに連れ、舌全体がすでに正常な体積の3倍に成長していました。日常生活でも睡眠時でも、血管腫でいっぱいの舌を知らず知らずに伸ばしていました。奇形である巨大な舌は見た目にも、そして食事と会話の機能にも深刻な影響を及ぼしていました。いつも自分の歯で噛んで傷つ

  • 生き延びる道を求めて、遠く海外から一世の縁を-台湾での肝移植で命を救う
    生き延びる道を求めて、遠く海外から一世の縁を-台湾での肝移植で命を救う

    生き延びる道を求めて、遠く海外から一世の縁を-台湾での肝移植で命を救う

    浚宸君は生まれたばかりの時、肌が白くぷくぷく太っていていました。この子は孫一家の赤ちゃんで、一家の宝物でもありました。しかしやがて、お母様には、浚宸君が消化不良で、どんどん瘦せてきて、皮膚と強膜が黄ばんできたのが分かりました。更に検査の結果、命に関わる胆道閉鎖症にかかっていることが分かりました。気を揉んだお母様は浚宸君を連れて町内、市内、省内の病院から、更には湖北省武漢にある同済医院にまで行き、最

    #肝移植
這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ