移至主要內容區

成功事例









  • 壢新が国際医療救援での優位性を発揮 アメリカ人が台湾を2度訪問 「喜びの心臓手術」と語る。
    壢新が国際医療救援での優位性を発揮 アメリカ人が台湾を2度訪問 「喜びの心臓手術」と語る。

    壢新が国際医療救援での優位性を発揮 アメリカ人が台湾を2度訪問 「喜びの心臓手術」と語る。

    アメリカ人男性ジョン・ディーさん(JOHN DEE)は、2月にタイ・プーケット島から空路アメリカに帰国する途中で心筋梗塞にかかりました。桃園国際空港から平鎮市の壢新医院に緊急搬送され心臓カテーテル手術を受けました。彼は今月わざわざアメリカからやって来て手術を受けて、台湾人医師は友好的で技術も良かったと言いました。「以前私は、台湾のことなど聞いたことがありませんでした。でも今では台湾が好きになってし

    #心血管治療
  • 日本人患者 台湾で脊椎側彎症を治療
    日本人患者 台湾で脊椎側彎症を治療

    日本人患者 台湾で脊椎側彎症を治療

    普通の人のイメージでは、日本人なら自国の医療水準からすれば、わざわざ台湾での受診を考えることは非常に少ないはずです。しかしながら、安里さんはそれとは違う選択をしました。彼はわざわざ日本から台湾の台北市立万芳病院に来て脊椎手術を行い、脊椎湾曲による痛みを取り除いたのです。彼は手術の結果に非常に満足しただけでなく、更に受診過程で台湾の医療・看護スタッフが親身に、専門的に世話してくれたことに深い印象を残

  • ミャンマーからの下肢リンパ浮腫患者 健康を取り戻す
    ミャンマーからの下肢リンパ浮腫患者 健康を取り戻す

    ミャンマーからの下肢リンパ浮腫患者 健康を取り戻す

    全てを振り返れば、人生は夢のよう。 1987年に結婚し、私の人生の新たな旅路が始まりました。結婚の翌年、私の第1子が誕生し、3年後に第2子が生まれました。一家4人の本当に幸せな核家族でした。 しかし諸行無常です。と言うのは出産すると、そのたびに体が太ってきて、それに伴って、両足が異常に腫れて大きくなったようだったからです。最初は女性が毎回の出産を終えてかかる後遺症だと思っていましたが、2回目の出産

  • 秀伝の低侵襲手術でモンゴル人オートバイレーサーを治療
    秀伝の低侵襲手術でモンゴル人オートバイレーサーを治療

    秀伝の低侵襲手術でモンゴル人オートバイレーサーを治療

    当時41歳だったGANTULGAさんは、モンゴルではその名が知られた「民族の英雄」です。彼の最大の願いはまさに風を追って夢をかなえ、国際オートバイレースの舞台でチンギスハーンの勇猛果敢な誇りを再現することです。 治療を受けてオートバイレースの人生を取り戻すため、GANTULGAさんはドイツ、韓国、中国に行き治療を受け、薬品、鍼灸及び理学療法を受けてきましたが、そのどれでも改善しませんでした。その後

  • 中国本土の先天性心疾患の児童、台大病院で医療の新たな希望を手に
    中国本土の先天性心疾患の児童、台大病院で医療の新たな希望を手に

    中国本土の先天性心疾患の児童、台大病院で医療の新たな希望を手に

    A 君(仮名)はご両親の第1子です。生後 3カ月で廈門のあると病院で単心室、永存動脈幹及び僧帽弁閉鎖不全などを含む(中国本土の医学用語)先天性心疾患と診断されました。この病院からは、中国本土では治療できないので、諦めたほうがいいと言われました。そしてご家族には証明書を発行するから、これを再出産の申請に使うように(中国本土での一人っ子政策のため)と言うのです。しかし A君のご両親はこの件を諦めきれま

  • 台大医院が内視鏡で他国ではできない複雑性大腸ポリープの切除に成功
    台大医院が内視鏡で他国ではできない複雑性大腸ポリープの切除に成功

    台大医院が内視鏡で他国ではできない複雑性大腸ポリープの切除に成功

    努力して働きお金を儲けることが、アメリカの私達世代の貧乏学生が持つ目標です。私は便に血が混ざっているのを見つけた時点で、その目標がすでに長い期間延び延びになっていました。私はまだあの日のことを覚えています。それは、国内で初めて大腸検査をした日でした。私はまだ完全には意識を失っていなかった時に、医師が看護士に、「言うまでもない。これはがんに違いない。ポリープがみんなブドウのように大きいのだから」と言

  • ティーラ・ブラウンさんからの手紙
    ティーラ・ブラウンさんからの手紙

    ティーラ・ブラウンさんからの手紙

    私はアメリカから来た外国人です。アメリカへの帰国前に台湾に3年間住みました。2009年1月末、卵巣がんと診断されました。私はタイで医療観光をした時に初めて超音波検査を受けました。香港で検査を終え、3期の卵巣がんだと診断されたのです。台湾に戻ってから、2009年2月10日に外科手術を終えました。私は主人と台大病院での治療を選んだのは、その前年に主人が台大病院で心臓動脈ステント(ステント4 本)の手術

    #
  • 台大医院でタイで稀なシトルリン血症の患者の治療に成功
    台大医院でタイで稀なシトルリン血症の患者の治療に成功

    台大医院でタイで稀なシトルリン血症の患者の治療に成功

    このタイ人の男の子は2008年10月に生まれました。生後3日目で昏睡と摂食不良になっていることが分かりました。その後、この子の血中アンモニアが500μmol/Lを超え (正常なら50μmol/L未満) 、シトルリンが上昇しているのが分かりました。患者である乳児はタイで腹膜透析と特殊食事療法をしていましたが、生後1カ月の時点でも血中アンモニアは上昇を続けていました。タイでは治療効果はありませんでした

  • 不妊症になったフィリピン人弁護士夫婦が、台大医院で二卵性双生児を生んだ喜び
    不妊症になったフィリピン人弁護士夫婦が、台大医院で二卵性双生児を生んだ喜び

    不妊症になったフィリピン人弁護士夫婦が、台大医院で二卵性双生児を生んだ喜び

    Lizaさん は35歳。フィリピン・マニラ在住で、事業に成功した女性です。ご主人様とは子供が欲しいと長い間待ち望んでいましたが、ずっと妊娠に成功できないでいました。フィリピンで名医を尋ね回り、さまざまな治療を受け、膨大な金銭と時間を費やしてきましたが、望みはずっとかなわないままでした。 こんな強い期待を抱きながら、二人は粘り強く不妊症治療の手立てを捜し求め、友達に名医を紹介するよう頼みもしました。

    #生殖医学
這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ