移至主要內容區

成功事例









  • フィリピン人教授が台湾で巨大血管腫を摘出
    フィリピン人教授が台湾で巨大血管腫を摘出

    フィリピン人教授が台湾で巨大血管腫を摘出

    およそ5年前、フィリピン人の病理学教授John Dennisさんは腹部に膨満感を感じ、更に腹部を撫でるとしこりが感じ取れました。現地の医師からは肝臓に巨大な血管腫(最大で約20センチ)ができていると診断されました。フィリピン人医師はこの病状から判断するに、手術では切除できず、肝移植を行わなければならないと考えました。しかしながら、John Dennisさんは肝移植を望みませんでした。そのためこの5

  • 台湾で新しい肝臓を移植 エジプト人の心に温もりを
    台湾で新しい肝臓を移植 エジプト人の心に温もりを

    台湾で新しい肝臓を移植 エジプト人の心に温もりを

    20年前、60歳のアデルさん(Adel)はエジプトの病院でC型肝炎、肝硬変と診断され、それから食道静脈瘤と腹水などの症状を併発し、体調は悪くなるばかりでした。当初、彼の長男モハマドさん(Mohamad)がまず現地で父親を治せる方法を相談に行き、移植に関する適合性検査を終えました。モハマドさん自身が耳鼻咽喉科医だったため、医師から台湾の長庚は医療水準かなり高いと聞いていました。そこで台湾の研修を決め

    #肝移植
  • 台湾の古里に戻る時間を活かして、何度も産みだす新たな命
    台湾の古里に戻る時間を活かして、何度も産みだす新たな命

    台湾の古里に戻る時間を活かして、何度も産みだす新たな命

    宋さんは36歳の時に、アメリカ・ユタ州にある華僑大学の言語教師でした。彼女はアメリカ人情報製図技術者に嫁いでアメリカに定住したため、毎年クリスマスには台湾に帰国し古里に戻ります。高齢の宋さんは子宮筋腫が妊娠に悪影響を与えないかと心配し、台湾での帰国期間を使って阮総合病院生殖センターに相談に行きました。医師は、仮に子宮表面にある4センチ未満の筋腫に症状がなければ、妊娠に支障はないと提案しました。彼女

    #生殖医学
  • 山東省のおばあちゃんが取り戻した心の幸福、膝の希望
    山東省のおばあちゃんが取り戻した心の幸福、膝の希望

    山東省のおばあちゃんが取り戻した心の幸福、膝の希望

    78歳になる孫淑香さんは、中国本土の山東省青島市から来ました。彼女は30数年にもわたり両脚がずっと「変形性関節症」であるという欠陥に悩まされてきました。この2年間で状況はますますが深刻になってきました。そこで息子さんがネット検索の結果、花蓮慈済医院整形外科名誉院長陳英和のことを探し出しました。孫さんは6月末に病院に到着し、翌日には両膝の「低侵襲人工膝関節置換手術」を受けました。手術の翌日にはベッド

    #関節置換
  • 「2+1」で人生に祝福を マレーシア人姉弟が生体腎提供に成功
    「2+1」で人生に祝福を マレーシア人姉弟が生体腎提供に成功

    「2+1」で人生に祝福を マレーシア人姉弟が生体腎提供に成功

    マレーシアから来た鄭菁珠さん(48歳)は、ビジネスの第一線で働くやり手の女性です。何年も事業に全力投球してきましたが、自分自身の健康ケアは怠っていました。「ご飯を食べ、水を飲むのをしょっちゅう忘れていました」というのが鄭菁珠さんの何年にもわたる生活習慣でした。ご家族には遺伝性高血圧と脂質異常症にかかった人はいませんでしたが、忙しかった彼女は体調にも特別の注意を払いませんでした。2012年、鄭菁珠さ

  • 椎間板の痛みから決別 長庚病院があなたに元気を
    椎間板の痛みから決別 長庚病院があなたに元気を

    椎間板の痛みから決別 長庚病院があなたに元気を

    2014年11月19日、マレーシアの張女史は当院の整形外科部医師賴伯亮による執刀を受け、椎間板ヘルニアにより長年悩まされてきた腰の痛みから無事に解放されました。現在張女史は全身の体調がよく、体も思い通りに動かせ、夜間には一晩中じっくり眠れます。もうアルコールで不調を麻痺させ、和らげる必要はなくなりました。 20数年前、張女史は不注意で橋から転落し、すぐに受診・治療を行わなかったため、持病を残してし

  • オマーンが足指の移植で意義ある人生に
    オマーンが足指の移植で意義ある人生に

    オマーンが足指の移植で意義ある人生に

    「愛する人になら、何とかして最高のことをしてあげたいものだ」。ムハンナド君が手術を受ける前日、私達はお父様と雑談をしていました。その折に、穏やかで、紳士的なお父様が突然発したこんな一言で、そこに居た私達は愛情に溢れた父の思いを感じたのです。 台湾の林口長庚医院は初めてオマーンから患者を受け入れました。年齢わずか3歳のその子・ムハンナド君(Muhannad)は、先天拇指奇形にかかっていました。そのた

    #頭蓋顔面再建
  • 「新たに立ち上がる」。モンゴル人患者が喜びの中で感謝
    「新たに立ち上がる」。モンゴル人患者が喜びの中で感謝

    「新たに立ち上がる」。モンゴル人患者が喜びの中で感謝

    KLさんはモンゴルからやって来ました。2014 年末国内で、彼女が乗っていた車が不注意で大きなくぼみを通り過ぎてしまいました。KLさんは車体が激しく揺れたため、脊椎が圧迫骨折になったのです。KLさんはその時を境に立つことができなくなってしまったのです。慌てふためいて国内の病院に助けを求めましたが、彼女に手術を行う勇気のある医師は現れませんでした。KLさん の義理の妹様Urnaaは何年も前に台湾の病

  • フィリピン結合双生児-珍妮ちゃん・潔妮ちゃんが分離に成功 お母様が涙を流して感謝を
    フィリピン結合双生児-珍妮ちゃん・潔妮ちゃんが分離に成功 お母様が涙を流して感謝を

    フィリピン結合双生児-珍妮ちゃん・潔妮ちゃんが分離に成功 お母様が涙を流して感謝を

    2015年1月9日、フィリピンから腹部が繋がった結合双生児・珍妮ちゃんと潔妮ちゃんが花蓮慈済医院に来て診療を受けました。2カ月の医療ケアと保養を経て、3月13日に分離手術を行いました。回復状況はかなり良好でした。そして8日の午前中には、姉妹は台湾を旅立ちフィリピン帰国への準備をしていました。花蓮慈院医療チームは姉妹のために退院送別会をしてあげました。在台湾フィリピン代表部の取締役であるFr. Jo

這個資訊是否對你有幫助?
サイトマップ
展開選單
關閉選單
Back このページの先頭へ